レコード・ラヴァーの夢を叶えるプロジェクト「GREAT TRACKS Order Made Vinyl」がスタート / ファンリクエストをもとにアナログ盤をリリース

インタビュー フォーカス

左から:華岡徹氏、蒔田聡氏

ソニー・ミュージックダイレクトのアナログ専門レーベル「GREAT TRACKS」創設3周年を記念し、ファンリクエストによる新しいアナログ・リリース・プロジェクト「GREAT TRACKS Order Made Vinyl」(以下 OMV)が8月30日よりスタートした。

OMVはユーザーからの商品化リクエストに基づき、タイトルを厳選してSony Music Shopにて期間限定で予約を募り、限定枚数のみを販売するというユーザーと制作、販売をダイレクトに繋ぐプロジェクト。すでに第1弾となる4アイテムが発表され、予約もスタートしている。

今回はOMV始動を記念し、ソニー・ミュージックダイレクト 代表取締役 華岡徹氏と同社 ディレクター 蒔田聡氏に、OMVに込めた想いや「GREAT TRACKS」の3年間、そしてアナログのこれからについて話を伺った。

  1. 少数ながら熱狂的に求められているレコードをリリースする方法
  2. 「GREAT TRACKS」設立からアナログの自社一貫生産に至るまで
  3. 発売して1日で店頭から消えた吉田美奈子「TOWN / 恋は流星」
  4. サブスクの対極にあるアナログの魅力を突き詰める
  5. OMVはレコードが好きな人たちの夢を叶えられるようなプロジェクトにしたい

少数ながら熱狂的に求められているレコードをリリースする方法

――「Order Made Vinyl」(以下 OMV)を発足させるきっかけは何だったんでしょうか?

蒔田:2016年、ソニー・ミュージックダイレクト(以下 SMDR)の中で、音質にこだわったアナログ専門レーベルとして「GREAT TRACKS」を立ち上げました。「GREAT TRACKS」はこの3年で約90タイトルをリリースしてきたんですが、どうしても有名アーティストの、定番的なアルバムが優先的にリリースされる傾向にあり、少数ながら熱狂的に求められている作品をリリースする方法がなかったので、そういったレコードたちを提供できるサービスはないかと考えまして、「GREAT TRACKS」3周年を期に立ち上げたのがこのOMVです。

――そういったニッチな作品を求めるユーザーの声は以前からあったんでしょうか?

蒔田:はい。ユーザーもそうですし、関係者からも「こういった作品を出して欲しい」というリクエストをたくさん頂いていました。また、90タイトル近くリリースする中で、「ユーザーが本当に欲しいものは、実は違うところにもあるのではないか?」とも思っていたんですね。今回OMVでリクエストを募ることで、我々も気づかなかった作品、アーティストを発見できるかもしれないという思惑もありました。

――具体的にOMVのシステムについて教えてください。

蒔田:SMDRは、2004年から「オーダーメイドファクトリー」というサービスを提供しています。これは廃盤になってしまった作品を一定数のリクエストが溜まることにより商品化し、ソニーミュージックグループのオンラインショップ「Sony Music Shop」で販売をするサービスなんですが、このシステムを基に、よりアナログに特化させる形で発展させたのがOMVです。

では「オーダーメイドファクトリー」とOMVは何が違うのかと申しますと、アナログはCDに比べて制作期間を長めにとらなくてはいけないんですね。ですから「オーダーメイドファクトリー」のシステムをそのまま使ってしまうと、リクエスト数が達成してから制作することになってしまい、お客さんの手元に届くのが半年後とかになってしまうんです。そうなると、例えばクリスマスレコードを企画したとしても、届くのは夏になってしまう、みたいな事態が起こってしまいます。

ですからOMVでは、あらかじめみなさんからリクエストを募った中から、ディレクター5名を中心に合議の上で作品を決定し、リリースの発表と同時に予約を受け付け、翌月にはお手元に届くというようなスピード感でやっていきます。

華岡:つまりリクエスト=企画を募集するということですよね。そして「これはいける!」と思った作品は作っちゃおうと。

――第一弾リリースとして4作品(笠井紀美子「バイブレイション(LOVE CELEBRATION)」 / ソニア・ローザ「東京イン・ザ・ブルー」 / 小池玉緒「鏡の中の十月」 / CHOCOLATE LIPS「WEEKEND LOVER」)が決定していますが、なぜこの作品を選んだのですか?

蒔田:「オーダーメイドファクトリー」にあるリクエスト機能から常時リクエストを頂いていたものと、周りの関係者やDJからの要望なども加味して選びました。

――オリジナル盤はかなりプレミアがついている作品たちですよね。

GREAT TRACKS Order Made Vinyl

蒔田:そうですね。値段的なこともありますし、「綺麗な状態のレコードが欲しい」という要望も多かったです。これらの作品は90年代にDJの方々が発見し、流すことで再評価され、今も手に入れたい音楽ファンが多いですが、加えて、最近は海外の方々からも人気がある作品でもあります。

――ちなみに7月30日からプレサイトですでにリクエストを募っていましたが、リクエストにはどのような傾向がありましたか?

蒔田:割と傾向を見つけづらいと言いますか、本当にバラバラです。みなさん個人的な想いでリクエストされる方が多く、80年代の作品から最近のJ-POP、アイドルものまで、あまり偏りはなかったですね。僕はもう少しクラブ寄りと言いますか、第一弾リリースのタイトルに近いものが多く望まれていると思っていました。もちろんそういった作品のリクエストも来ているんですが、それ以外に「自分の好きな作品をアナログで聴いてみたい」という純粋な要望の方が多かったです。

――CDのみのリリースだった作品のアナログ化の要望が多かった?

蒔田:そうですね。今後の展開としても、そういったアナログになっていないCDのみの作品を積極的に取り上げていきたいですし、またアーティストとコラボレートして、オリジナル商品を出していけたらと考えています。

ページ: 1 2 3 4 5

オススメ