海外の視点から「日本の魅力」を再発見〜映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』公開 吉田兄弟インタビュー

インタビュー フォーカス

吉田兄弟

スタジオライカが日本を舞台に描くストップモーションアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』日本語吹替え版が11月18日より上映される。情感あふれる日本の風景や風習を息を飲む美しさで描いた本作は、本年度アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞のノミネートを始め、“アニメ映画界のアカデミー賞”と称されるアニー賞でも3冠受賞など、全世界の映画賞を総なめした話題作だ。今回の舞台が日本ということ、また主人公のクボが三味線を操る少年ということもあり、日本語吹替え版の主題歌を、世界的三味線奏者の吉田兄弟が担当している。今回は映画公開を記念し、吉田兄弟のお二人に主題歌担当の経緯や、映画のモチーフでもある三味線についてまで話を伺った。

  1. できれば日本から発信したかったような映画
  2. 三味線である&吉田兄弟である必然性を追求したエンディングテーマ
  3. 日本の良さと三味線の魅力を感じてもらいたい

できれば日本から発信したかったような映画

――今回、吉田兄弟のお二人は映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の日本語吹替え版エンディングテーマに起用されましたが、どのような経緯で担当することになったのでしょうか?

吉田健一(以下、健一):実はこの映画の存在は製作段階から知っていました。その後、映画のことを聞いたのは僕がパリのワークショップで演奏しているときに、お客さんから「今『KUBO』という映画をやっていますけど、どう思いますか?」との質問されたときで、「前に話があった映画だ」と思い出したんです。

――映画はどちらで観たんですか?

健一:スペインのバルセロナです。去年、僕は文化庁の文化交流使としてバルセロナに住んで、大学で三味線を教えていたんですが、同時期に公開されていたんですよね。それで映画のエンディングにビートルズの「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」のカバーが流れたんですが、実はこの曲、自分もソロライブで、半分ギャグで「ホワイル・マイ・“三味線”・ジェントリー・ウィープス」って曲紹介して演奏したことがあったので、「僕だったらこう演奏するかな」って漠然と考えていたんです。

その後、映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の日本公開が決まったときに、配給のギャガさんから「吉田兄弟と何かプロモーションができないか?」とご相談いただいたので、「『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス』を僕らなりにカバーしたいです」と逆提案して、今回やらせてもらうことになりました。

――映画をご覧になって、どのような感想を持たれましたか? 

健一:ストップモーションの映画って僕は初めてちゃんと観たんですが、本当にストップモーションなのかと思うぐらい、すごく映像が綺麗で、質感というか素材感が三味線に合っていると思いました。また、三味線というと、どちらかと言うとイロモノ扱いされてしまうことが多いんですが、その描写の仕方や民謡の扱い方なども素晴らしいと思いました。例えば、序盤のお祭りのシーンで鳴っている民謡が、九州の民謡だったりするんですよね。

――海外で三味線をフィーチャーした作品が作られたということに関しては、どう思われますか?

健一:できれば日本から発信したかった、というのが正直なところですよね(笑)。もっと言うと、公開が日本からであってほしかったという想いは、三味線奏者としてはあります。長年「和」に携わってきた身からすると、この映画って日本の宣伝のような映画なわけです。しかも、琴や太鼓、尺八じゃなくて三味線だったということはすごく嬉しく思っています。

吉田良一郎(以下、良一郎):三味線を持つ少年が主人公の映画なんて、自分たちが小さいころには考えられませんでしたからね。自分の小さいころは、三味線って年配の方がやっているイメージで、あんまりカッコよくないみたいな感じでしたから。デビューをキッカケに一生懸命に頑張りましたけど、こういう映画ができて本当に嬉しいですよね。作ってくれてありがとうって感じです。

――海外の映画が描く日本って違和感があったりするものですが、本作はそれがほとんどなくて驚きました。

健一:僕らも一緒ですね。海外公演をたくさんやってきていますが、必ず「勘違いした日本」に遭遇するんですよ。でも、この映画に関しては、若干アジア的要素も入っていますけど、間違いがほぼないと言っても過言じゃないと思います。だから、日本人が観ても納得すると思うんですよね。もっと言えば、この映画を通して自分たちが日本をもう一度考え直すきっかけになったらいいなと思いますね。

――映画の中で三味線の音がものすごいエネルギーを発する場面がありますが、海外の人にとって三味線の音色はやはり特別なものとして響くんでしょうか?

健一:特に津軽三味線はそうですね。海外の人の三味線のイメージってだいたい“チントンシャン”の弱い音色の三味線だったりするんですよ。でも、この映画でイメージされる三味線も、僕らが演奏する三味線も津軽なので、ものすごくパワフルなんです。だから僕らのコンサートに来るお客さんは、まず「音がでかい」とびっくりされるんです。

良一郎:だから映画の中で三味線の音で海が割れたり、敵を倒すという表現はすごくよく分かるんです。ある意味、津軽三味線って魂で弾いているところもあるので、そういうパワーが伝わるのかもしれません。

――津軽三味線はお客さんに向かって音を強く放つイメージがある?

良一郎:そうですね。声も含めて観客に向かってやっているという気持ちが強いので、正直、違和感は感じなかったです。

健一:パッションですよね。アメリカで言うとブルースに近いです。その人の生活や気持ちをそのままストレートに表すものとして力を発する部分は近いものがあるんじゃないかなと思いますね。

ページ: 1 2 3

関連タグ

オススメ