片平里菜の高い純度を生かした映画製作〜映画『パパのお弁当は世界一』鼎談 主演・渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)×監督・フカツマサカズ×企画 プロデュース・松崎崇(ポニーキャニオン)

インタビュー フォーカス

左から:松崎崇さん、渡辺俊美さん、フカツマサカズさん

父親が作るお弁当を娘がTwitterに投稿したことをきっかけに、お弁当を通じた父娘の心温まるエピソードが反響を呼び、その投稿をモチーフに約半年間というスピードで製作・公開された映画『パパのお弁当は世界一』。サン・セバスチャン国際映画祭出品、台湾、香港での劇場公開が決定する等大きな話題となっている。映画製作からタイアップという通常の流れではなく、主題歌である片平里菜「なまえ」のミュージックビデオ製作から発展して映画となった今作は、映画製作の新しいアプローチとして注目を集めている。今回は映画初主演となる渡辺俊美さん(TOKYO No.1 SOUL SET)、監督のフカツマサカズさん、そして企画・プロデュースを手掛けたポニーキャニオン 松崎 崇さんに映画化の経緯から、企画の発端になったアーティスト・片平里菜の魅力まで話を伺った。

  1. 片平里菜「なまえ」のデモとみどりちゃんのお弁当ツイート
  2. 役者・渡辺俊美と映画経験ゼロのスタッフたちの情熱
  3. 家族映画は永遠になくならない〜ロングラン上映への想い

 片平里菜「なまえ」のデモとみどりちゃんのお弁当ツイート

――最初に映画『パパのお弁当は世界一』製作への経緯をお伺いしたいのですが、きっかけは何だったんでしょうか?

松崎:まず片平里菜のシングル『なまえ』のデモができあがりまして、その後、リリースを考えたときに、レコード会社からすると必要条件とまではいかないですが、タイアップがすごく重要なものになってくるんですね。ただタイアップって基本的に前向きな歌詞で、ポジティブでアップテンポな曲が好まれる中で、『なまえ』はミドルバラードでコンセプトは家族だったので「タイアップどうしよう?」と考えていたときに、Twitterでみどりちゃんという普通の女子高生の、お父さんの作るお弁当についてのツイートがすごく盛り上がっていて、「これとタイアップできるかも」と思ったんですよね。

それで、『なまえ』のミュージックビデオ(MV)と併せて、「ショートムービーみたいな作品をお願いできませんか?」とフカツ監督に相談しました。そのショートムービーは当初Twitter上での親子のやり取りをドラマ化するみたいな感じだったので、父親役と娘役のキャスティングについてスタッフで色々意見を出し合ったときに、「やっぱりお弁当と言えば、今日本で一番有名なあのミュージシャンだろう」と…(笑)。

――渡辺俊美さんですね(笑)。

松崎:はい(笑)。それで俊美さんの名前が挙がりまして、すぐに片平のマネージャーさんが俊美さんに連絡したら、オッケーをいただけて。そこがスタートですね。

映画『パパのお弁当は世界一』

――フカツマサカズ監督とは以前からお仕事をされていたんですか?

松崎:フカツ監督とは片平の『煙たい』『結露』のMVや、最近はライブDVDも撮っていただいたりしています。『なまえ』はとても良い曲でしたから「これはもうフカツ監督で!」と満場一致で監督にお願いしました。

――フカツ監督はMVとショートムービーの依頼が来たときにどう思われましたか?

フカツ:普通のMVだとスルーされちゃうので、最初の打ち合わせから「何か変わったビデオにしたいよね」みたいな話はしていたんですよね。そんなときに松崎さんがみどりちゃんのツイートを見つけてきたんですよね。

松崎:結構、打合せはしましたよね。

フカツ:すごくしましたね。最初は15分くらいのショートムービー風で、最後に上手く『なまえ』が流れて来たらいいよねと言っていたのが、松崎さんが「30分くらいにしましょう!」とか「60分を越えると劇場で上映できるらしいですよ!」とかどんどん言ってきて、尺が伸びていきました(笑)。

――松崎さんは映画の人じゃないのに、よく会社で企画を通して映画化まで持っていけたなと思いました。

松崎:社内でも娘を持つ父親層にはこの企画がすごく刺さったんだと思います。「俺も娘いるからさ」みたいな感じで。で「10分15分くらいの短いもので終わらせるんじゃなくて、せっかくならきちんとした形にした方がもっと広がるんじゃないか?」と逆提案されたんです。

――なるほど。ある意味、松崎さんが動かされた部分もあったんですね。

松崎:ええ。あと俊美さんやフカツ監督といった素晴らしいキャスト・スタッフの方たちが揃いましたから、ショートムービーで終わらせるのはもったいないなとも思いました。

――松崎さんにとって映画制作は初めての経験でしょうから、色々ご苦労があったんじゃないですか?

松崎:もう死ぬほど大変で…。本当にお二人には頭が上がらないというか無茶なことばっかりお願いしました。俊美さんもとても忙しいタイミングだったんですけど、無理してスケジュールを調整していただきましたし、あと撮影日程もタイトだったので、最初のマンションのシーンとか香盤上は12時に終わる予定だったのが結果的に終わったのが朝4時とか。

フカツ:ご飯作るシーン、大体明け方に撮っていましたよね。でも一番やりたかったシーンなので、そこは寝ないでやりたいっていうか。まあスタッフがよかったなって思いますね。

松崎:しかも、俊美さんに監督が「明日もあると思うんですけど、僕は今撮りたいと思います」みたいな直談判というか提案をして、そうしたら俊美さんも「やりましょうよ」と快く引き受けてくれて。本当に感謝しかないです。

渡辺:でも、辛かった思い出は全然ないんですよ。僕自身、本格的な演技は初めてですし、初めてだから分からないところも余計楽しんでやったという記憶ですね。

――渡辺さんはオファーが来たときに迷いはなかったんですか?

渡辺:いや本当にMVの撮影だと思っていましたし、「セリフがなければオッケー」みたいな感じだったんですけどね。あと里菜ちゃんからのオファーだったので「是非協力させてください」って気持ちでした。その後、メールが来たときに「主演」となっていて「主演? MVに主演とかなくない? なんなんだろう…」みたいな(笑)。そのときはスルーしていたんですが、ある朝にTwitterのタイムラインを見たら、映画の話題で盛り上がっていて、そこで初めて「映画主演だって…ちゃんとやんなきゃ」って思いました(笑)。

――そこで話が違うとはならなかった?

渡辺:自分がどうのこうのというよりも、里菜ちゃんのことを応援するぞという気持ちは変わりませんでしたから。そうしたら謙虚になれるし、そのままずっと謙虚なままでいたような感じがします。

ページ: 1 2 3

オススメ