Audiostockが中国音楽市場へ参入、音楽ライセンスビジネスを行うVFine Musicと業務提携

ビジネス

音楽の使用権をオンライン上で売買できるサービス「Audiostock」を運営するクレオフーガは、中国で音楽ライセンスビジネスを行う「VFine Music」を運営する北京上原文化科技有限公司と業務提携契約を締結し、9月25日より双方のサービスで楽曲販売を開始した。なお、クレオフーガの中国企業との提携は、今回が初の取り組みとなる。

2015年3月に北京でスタートしたVFine Musicは、音楽ライセンスに関するビジネスを行っている。現在は、世界各国のミュージシャン約3,000組の、50万曲以上の楽曲ライセンスを販売している。VFine Musicはこれまでに3,000以上の企業やブランドにライセンスを販売しており、顧客は、動画広告、映画、ゲーム、アプリ、店舗など様々なシーンで楽曲利用が可能。

2019年7月には、中国大手IT企業の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)の子会社であるTencent Advertisingと提携し、VFine Musicの音源を動画広告制作サービス等へ提供開始。VFine Musicのプラットフォーム上での販売のみならず、他社サービスとの提携を通して事業を拡大させている。

今回の提携第一弾として、Audiostockの作品約6万点をVFine Musicで販売開始し、 VFine Musicの楽曲約3万点をAudiostockで販売開始する。今後、それぞれのサービスで順次作品が追加される予定。

関連タグ