自分を動かし続ける「プレゼン」と人生を豊かにする「著作権」を学ぶ 〜タワーアカデミー「音楽ビジネス基礎コース」開講 プレゼンテーション協会 代表理事 前田鎌利氏×東京谷口総研 谷口元氏

インタビュー フォーカス

左から:前田鎌利氏、谷口元氏

“5G時代の音楽エンタメ人材育成”をテーマにタワーレコードが運営する教育事業・タワーアカデミーが、10月より音楽業界への就職を志す人や、ビジネススキルの向上を目指す人を対象として総合的な技術習得を目指すプログラム「音楽ビジネス基礎コース」を開講する。

「音楽ビジネス基礎コース」では、音楽に関わるどの職種でも求められる技術の習得を1講座計4回でまとめ、業界人として必要不可欠な素養を身に付けられる講座を通じて、業界即戦力の人材を輩出することを目標としているが、多くのビジネスパーソンが身につけなければならないベーシックなスキルとして「プレゼンテーション」と「著作権」の2講座を設けた。

今回は各講座を担当する一般社団法人 プレゼンテーション協会 代表理事 前田鎌利氏と㈱東京谷口総研の谷口元氏に、テーマとなる「プレゼンテーション」「著作権」について、そして講座に対する意気込みまで話を伺った。

  1. 業務を通じて身につけたそれぞれのスキル
  2. いい曲を作るだけでなく、いかに伝えるかが重要
  3. 国や企業文化で変わるプレゼンテーション手法
  4. 一緒に考えながら学べる講座に

業務を通じて身につけたそれぞれのスキル

――前田さんはプレゼンテーション技術をどうやって身につけたんでしょうか?

前田:僕は最初、光通信に入社し、携帯電話の販売からキャリアをスタートして、その後J-PHONEに転職しました。そのJ-PHONEがVodafoneに買収されたとき、経営戦略室に入り、中長期計画を作るときに、一緒にお仕事をしたのが野村総研やベインアンドカンパニーなどのコンサルティング会社で、仕事を通じてプレゼンテーションの作り方を学ぶようになりました。そうこうしているうちにソフトバンクがVodafoneを買収し、今度は孫正義さんと仕事をする機会が増えて、孫さんの資料を作る機会も頂きました。

――プレゼンテーションに関しては、アドバイスする人はいたけれどほぼ独学ということですか?

前田:ベースは野村総研さんなどですが、ソフトバンクに行くとソフトバンク流というのがあって、それもミックスしたものです。そもそも5歳からずっと書道をやっていまして、大学も東京学芸大学の書道科を出ました。本当は書家になりたかったんです。でも大学4年のときに阪神・淡路大震災があり、1月17日以降、大切な方たちと連絡が取れなくなったんですね。当時、携帯電話がまだ普及してなかったので、そういったデバイスを多くの人が持っていてくれれば…等と色々思うところがあり、書やアートや教育の道ではなくて、通信の道に行こうと舵を切り、結果、プレゼンと出会いました。

――ちなみに書の経験はプレゼンにいかされているのでしょうか?

前田:そうですね。書の中で、余白や文字の配置といったことは重要な要素なのですが、プレゼンテーションにも同じような要素がたくさんあるので、活かされていると思いますね。

――谷口さんは著作権に関する知識やスキルをどのように身につけられたんでしょうか? 

谷口:一応、仲間内では谷口=著作権という認識なんですが(笑)、法律家ではないので著作権法そのもののことというよりは、著作権を使ったビジネス、広く言うと権利ビジネスやコンテンツビジネスが私の持ち味かなと考えています。

キャリアのスタートはソニーミュージックの著作権を扱う部署、現ソニー・ミュージック・パブリッシングでの仕事で、現在持っているスキルは当時の優秀な上司や先輩から授かったものです。そういった意味では人に恵まれていたのだと思います。

自分は洋楽担当だったのですが、当時のトップや直属の上司も含め、みなさんグローバル感覚のある人たちで、最初から全世界に向けた感覚で色々なことを教えてくださいましたし、実践しているのを間近で見させてもらった8年間でした。その次に、エイベックスグループに転職しまして、そこでもグローバルな感覚をお持ちの人たちに恵まれて、海外に向けた仕事の機会もいただきました。

ですから、権利ビジネスという観点から言いますと、日本のマーケットで権利を使ってどんなビジネスが起きているかではなくて、世界の中の日本としてどうなっているのか、海外に行くにはどう心を切り替えないといけないのかということを自然に身につけることができたと思います。

ページ: 1 2 3 4

関連タグ

オススメ