LDH JAPAN、ミュージシャン/音楽事業関係者の救済企画で“無観客”を条件に羽田のLDH kitchenを無償提供

ビジネス

EXILEや三代目 J SOUL BROTHERSらが所属するLDH JAPANでは、新型コロナウイルスの感染拡大以降、活動の場が制限されているアーティストやミュージシャンをはじめ、音楽事業関係者の救済を目的とする「GO ON MUSIC PROJECT」を発足した。

同プロジェクトでは、東京・羽田のライブ・イベントスペース「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA」をライブの生配信や収録などの会場として無償提供することで、アーティストやミュージシャン、音楽事業関係者の活動を支援いたします。無償提供期間は、8月1日から11月30日までの期間限定となっている。

LDHグループが所有する同施設は、250坪のスペースにライブステージや音響照明設備のほか、各種楽器、200インチのプロジェクター、9台の店内モニター、DJブースなどを完備しており、アーティストの世界観や魅力を最大限に引き出すことができる本格的なライブスペースとなっている。

ライブの生配信や撮影、収録スペースとして利用することができ、アーティストやミュージシャン以外にも、音楽ライブの事業者やスタッフも対象となる。また、会場使用料や音響照明設備など、会場にまつわる全ての費用が無償となるが、使用にあたっては「無観客」が条件で、応募者の中から公正に選定するとのこと。

今月7日にはEXILE ATSUSHIらにより、アーティストのステージで演奏メンバーとして活躍しているミュージシャンの支援を目的とした「Musician Aid Japan Project」も発足。コロナ禍でライブの開催を巡る状況は、未だ不透明なままとなっているが、LDH JAPANでは今後も、アーティストや音楽事業関係者の皆さまの支援に、少しでも貢献していけるよう取り組んでいくとしている。

関連タグ

オススメ