アマゾン社製機械学習作曲キーボード「AWS Deep Composer」、舶来ガジェットで輸入販売

アーティスト

アマゾン社製機械学習作曲キーボード「AWS Deep Composer」
アマゾン社製機械学習作曲キーボード「AWS Deep Composer」

アマゾン社製機械学習作曲キーボード「AWS Deep Composer」の新規取り扱いを舶来ガジェットで開始された。

2019年12月3日(日本時間)、アマゾン社は、ラスベガスで開催中のAWSカンファレンス「re:Invent 2019」で、機械学習技術を使って誰でも簡単に音楽を作曲できるキーボード「AWS Deep Composer」を発表した。

2017年 DeepLens、2018年 DeepRacerと発表され、2019年のDeepシリーズへの期待が高まっていたが、今回発表されたのがAWS Deep Composer。

ミュージカルキーボードと最新の機械学習技術を使用して、実際に音楽を作ることのできるキーボードとなり、Amazonで99ドルで発売予定。

使い方は簡単で機械学習の難しい知識は不要。AWS DeepComposerキーボードをコンピューターに接続してメロディを入力するか、AWS DeepComposerコンソールで仮想キーボードを演奏する。ロック、ポップ、ジャズ、クラシックから事前にトレーニングされたジャンルモデルを使用して、オリジナルの音楽作品を生成します。

Amazon SageMakerとの連携で独自のカスタムジャンルを作成することもでき、その後DeepComposerは楽曲を自動で編曲し、トラックをSoundCloudに公開して、作品を共有できる。

関連タグ