YouTubeとアーティストとの関係を再構築する「YouTube Music」グーグル 日本音楽ビジネス開発統括 鬼頭武也氏インタビュー

インタビュー フォーカス

鬼頭武也氏

米国を含む一部の国で提供されていたYouTubeの音楽アプリ定額制音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」が、11月14日より日本でもサービス開始となった。公式ミュージックビデオ、アルバム楽曲、豊富なプレイリストに加え、YouTube上にあるライブ動画、ユーザーが投稿したカバー曲、リミックス曲を楽しめることが大きな特徴となっているYouTube Music。広告が入る無料プランと、広告が入らない有料プラン「YouTube Music Premium」が用意され、「YouTube Music Premium」では、広告なしの音楽再生、バックグラウンド再生、オフライン再生、プレイリストの作成などを利用することができる。今回はサービス開始を記念して、国内でのサービスを統括するグーグル合同会社 鬼頭武也氏に、ユーザーの反響から今後の施策、そしてYouTubeとアーティストとの新しい関係性まで話を伺った。

  1. すでにユーザーの趣味嗜好を把握している強み
  2. アーティストとファンとのエンゲージメントの場を作る
  3. ピュアな音楽コンテンツと近しいエンタメを違和感なく届ける
  4. 日本のアーティストならではのYouTube活用法を確立する

すでにユーザーの趣味嗜好を把握している強み

――YouTube Musicの日本でのスタートから約1ヶ月経ちましたが、トライアルの申し込みや利用状況はいかがですか?

鬼頭:Google Play Musicも含めて多くの音楽サブスクリプションサービスが提供されている状況の中での後発のスタートだったので、それなりに苦戦するのではという予測もあったのですが、その不安感は完全に消し飛んだかなと思います。YouTubeを使って音楽を聴いているユーザーのうち、まずは音楽熱量の高いユーザーがしっかり加入してくださったと実感しており、そのボリュームも我々が想定をしている数を上回っていますので、好調なスタートを切れたと考えております。

――10代から20代のユーザーはどういう反応を示していますか?

鬼頭:ユーザー層に関してはまだ日が浅いので追い切れていませんが、視聴傾向を見ると、やはり若年層に人気のあるアーティストの楽曲が非常によく聴かれています。Google Play Musicと比較すると顕著なのですが、年齢増が若干高めなGoogle Play Musicとは全く違う視聴傾向が見えていますので、より若年層に寄った形でユーザー層を獲得できているのではないかと思います。

――ユーザーから何か目立った声はありましたか?

鬼頭:YouTubeのレコメンデーションシステムに対する評価の声をありがたいことにいただいています。「YouTubeさん、よくわかっている」みたいな(笑)。音楽のレコメンデーションで非常に重要なのが、一人一人のユーザーがどういう趣味嗜好を持っているのかをあらかじめサービス提供側が把握しなければいけないのですが、自分自身の音楽の趣味嗜好をレコメンデーションエンジンに教育するプロセスって結構大変なんですね。好きなアーティストを入れてみたり、色んな音楽を聴いたり、色々な音楽経験を教え込むことで初めてレコメンデーションエンジンが回っていくのですが、私どもならではの強みとして、すでに多くのユーザーがYouTubeで検索していただいているので、もうユーザーそれぞれの趣味嗜好を把握した状態でYouTube Musicを提供できているんですね。ここはユーザーが価値を感じているポイントなんじゃないでしょうか。

――YouTube Musicは音楽と映像をシームレスに提供できることが非常に大きいですよね。

鬼頭:そうですね。やはり新しいアーティストと出会うときって、音単体よりも映像があった方が刺激も大きいですし、より新しい出会いに繋がると思っています。YouTube Musicのアプリの中心にミュージックビデオが表示されているのですが、YouTube Musicではミュージックビデオで出会ったアーティストの音楽をすぐ聴くことができます。この当たり前のことが、今までどのサービスもできていませんでした。YouTube Musicは、映像での出会いから音楽を聴くというアクションが綺麗に繋がる体験をプロダクトの中で実現していることが強みになっています。

やはり音楽を楽しむことが面倒な作業になってはいけないと思うんです。多くのユーザーは、音楽は嫌いじゃないけど、苦労してまで手に入れたいという熱量はないんですね。そういったユーザーを放っておいたらいつまで経っても音楽ファンは増えませんので、ユーザーが音楽に出会うきっかけをたくさん作るとともに、音楽を気軽に聴き続けられる仕掛けによって、音楽を聴くことに対するハードルをどんどん下げていくことが重要なんじゃないかと考えています。

――日本でも多くのサブスクリプションサービスがある中で、YouTube Musicはどういった立ち位置だと考えていらっしゃいますか?

鬼頭:我々は今までYouTubeで音楽を楽しんでいたユーザーにより良い音楽体験を提供することを目指しています。ですから、ことさら他社との差別化要素、競争優位性を重要視しているわけではなく、YouTube上で音楽を更に楽しんでもらうためのプロダクトとしてYouTube Musicがあり、そしてYouTube Premiumというサブスクリプションサービスがあるとご理解頂きたいです。

――音楽業界もYouTube Musicが始まることによって、今まで以上にサブスクリプションサービスの認知が広がるのではないかと期待していると思います。

鬼頭:当然、私たちは自信を持ってプロダクトをローンチしていますし、普段から使っているYouTubeの中に加入導線があるということは非常に重要だと思っています。音楽に対する熱量が上がり始めたユーザーに対して「別のアプリをダウンロードしてください」とお願いしたり、別の導線から会員登録しなくてはならないとなった瞬間に、どうしても熱が冷めてしまいます。そうならないように、いかに今のYouTubeと溶け合う形でサブスクリプションサービスを提供するかが大きなポイントであり、今回それができていますので、さらに日本のデジタル音楽市場を盛り上げるきっかけになるんじゃないかと思っています。

ページ: 1 2 3 4

関連タグ

オススメ