変わらぬ音楽業界を前進させる起業家たち。「Techstars Music」発起人が語る、音楽系アクセラレーション・プログラムに注目が集まる理由

インタビュー フォーカス

ボブ・モジドロウスキー氏

音楽業界で「スタートアップ支援」の動きに注目が集まっている。急変するビジネスモデルへの最適化と、利益拡大を生む新事業を模索する音楽業界。この現状を改善し、新たなビジネス価値創出を目指すため、世界のレコード会社を始めとする音楽業界の経営者たちは、中長期的に起業家を支援する「アクセラレーター・プログラム」という形に可能性を見出し始めた。

2017年に始まった「Techstars Music」は、音楽業界と投資家を結びつけ、斬新なアイデアや技術を持った起業家たちをコラボレーション形式で支援する、音楽業界を専門にするアクセラレーター・プログラムだ。通常の投資とは違い、音楽業界や投資家からのメンタリングやネットワーキングなどで、業界の課題解決を目指す起業家の育成を多層的に支援し、新規事業や市場の拡大へと導く新しいアプローチだ。

プログラムの発起人であり、マネージング・ディレクターを務めるボブ・モジドロウスキー(Bob “Moz” Moczydlowsky)は、業界の課題解決を探るべく、自らスタートアップを発掘する”世界ツアー”を敢行している。先日来日し、日本の起業家や音楽業界と交流を図ったモジドロウスキーに、Techstars Musicについて詳しく話を訊いた。

(インタビュー・文 / ジェイ・コウガミ)

  1. 今こそ音楽ビジネスへの投資が最適な時代
  2. 求められるのは、音楽業界の課題を解決するスタートアップ
  3. トップクラスの音楽業界関係者やVC400人が集まる「Demo Day」
  4. 音楽業界の市場拡大に向けて意識を変える
  5. 今や、音楽ビジネスはテクノロジービジネス

今こそ音楽ビジネスへの投資が最適な時代

――まず始めに、Techstars Musicを立ち上げる以前、どのような音楽ビジネスのキャリアを歩んでこられたのか、教えてください。

ボブ・モジドロウスキー:私はこれまでYahoo!で音楽チームのプロダクトマネージャーとしてキャリアを始め、その後にアーティスト向けのD2Fスタートアップ「Topspin」(2014年にBeats by Dreが買収)で働きました。そしてTwitterで音楽ビジネス事業の責任者を務め、2017年にTechstars Musicを立ち上げ、マネージング・ディレクターとしてアクセラレーターの運営全般に携わっています。常にIT業界の観点から音楽ビジネスに関わってきました。

――Techstars Musicの運営チームはバックグラウンドがユニークと聞きました。どういったキャリアの方々ですか?

モジドロウスキー:私のパートナーでプログラム・ディレクターのジェン・ホールは元アーティストのマネージャーです。彼女はSilva Artist Managementでベックやソニック・ユース、ビースティ・ボーイズなどさまざまなアーティストビジネスで実績を残した後、Techstars Musicに参画しました。彼女はレコチョクなどプログラムに参加するパートナー企業とスタートアップとの橋渡し役として活躍するキーパーソンです。

マット・サンドラーは駐在起業家で、音楽教育のスタートアップ「Chromatik」創業者として2016年に会社を売却し、現在はTechstars Musicでスタートアップのアドバイザーとして投資家とのネットワーキングを支援します。

――IT業界の立場で、どのようにレコード会社を始めとする音楽業界とネットワークを作ってきたのですか?

モジドロウスキー:Topspinでの経験から、アーティストや音楽コンテンツのマーケティングを数多く行うプラットフォームビジネスに携わることができました。その時に、アーティストのマネージャーさんやマーケティング担当者、レコード会社を含む音楽業界の関係者の皆さんとコネクションを作りながら、サービスを成長させた経験が生きています。

――Twitterでの仕事も音楽業界が中心だったわけですね。

モジドロウスキー:Twitter社では、音楽業界との関係構築が主な仕事でした。音楽業界といっても多岐に渡ります。アーティストだけでなく、彼らのマネジメント会社、レコード会社、音楽ストリーミングサービス、ライブ会場、プロモーターなど、音楽に関係のあるあらゆるステークホルダーや企業、クリエイターをいかにTwitterで効果的にファンとコミュニケーションを図れるかの戦略を作ることがミッションの一つでしたね。

Techstars オフィス

――なぜTechstars Musicを作りたいと決めたのでしょうか? 音楽スタートアップを支援する場合、VCという形での支援も出来たと思います。

モジドロウスキー:私はTwitterのような大企業で働いた後、再びスタートアップの世界に戻りたいと思っていました。誰も思いつかないようなアイデアを考え、ゼロベースでプロジェクトを作り、大勢のユーザーのためにサービスを改良していくことが好きなんです。スタートアップには中毒性がありますね。Twitter退職後、今後何をするかを決めかねていました。その時に、Techstars Venturesのマネージングパートナーで投資家のマーク・ソロン(Mark Solon)と出会ったことが、アクセラレーターの立ち上げにつながりました。

――どういった話をしたのですか?

モジドロウスキー:彼とは音楽ビジネスの投資や、音楽業界の課題について何度も議論を重ねてきました。彼は「今こそ音楽のスタートアップに投資する時期じゃないか?」と言ったんです。ですが、私は「一方的な投資はやりたくない。投資するなら、音楽業界とコラボレーションできる方法でやりたい」と伝えたんです。そうした会話がキッカケとなり、音楽業界を巻き込むアクセラレーター方式のTechstars Musicを設立することになりました。

――音楽のスタートアップに投資する時期が熟したと。

モジドロウスキー:音楽ビジネスに携わるスタートアップへ投資するのに、今ほど適切なタイミングはありませんよ。音楽業界のビジネスモデルが、コンテンツの売買から定額制へと移行することで、市場に新たなニーズが生まれ市場が拡大していく一方です。そうなれば、投資機会は格段に増加していくと予想しています。

ページ: 1 2 3 4 5

プロフィール
jaykogami
ジェイ・コウガミ
デジタル音楽ジャーナリスト、「All Digital Music」編集長

音楽ビジネスとデジタルテクノロジー専門メディア「All Digital Music」を立ち上げ編集長を務める。「世界のデジタル音楽」をテーマに、音楽とデジタル・エンターテイメントを取り巻くテクノロジー、ビジネストレンド、音楽スタートアップなどに特化した執筆・取材・リサーチ活動を行う。音楽ビジネスジャーナリストとして、「Sonar+D」(バルセロナ)や「MUTEK」(モントリオール)など、海外の音楽カンファレンスや業界イベントを現地で取材するなど、グローバルな視点から、クリエイティブとビジネスを横断した取材を国内外で数多く行っている。これまで「WIRED.jp」「オリコン」「Real Sound」「BLOGOS」「ワールドビジネスサテライト」など、オンラインメディアや経済メディアでクリエイターから経営者、起業家までの幅広いインタビューや、音楽ビジネスやテクノロジーに関する寄稿記事を手がける他、業界向けの講演や、企業コンサルティングを幅広く行う。
All Digital Music
Twitter
Facebook

オススメ