ビクター、6/20付取締役人事と業務担務を発表 特別顧問の斉藤正明氏が退任

ビジネス 音楽業界

ビクターエンタテインメント

ビクターエンタテインメントは、6月20日開催の株主総会において、取締役を選任。また、株主総会後の取締役会において代表取締役を選任し、併せて取締役の業務担務を発表した。

取締役人事

  • 代表取締役社長  植田 勝教 (重任)
  • 取締役      佐々木 史朗(重任)
    (フライングドッグ 代表取締役社長 兼 法務部 担当)
  • 取締役      酒井 康次 (重任)
    (経理部長 兼 情報システム部 担当)
  • 取締役      小野  朗 (重任)
    (第一制作本部長 兼 Happy House、ビクタースタジオ 担当)
  • 取締役      竹腰 義之 (重任)
    (第二制作本部長 兼 F&G事業部 担当)
  • 取締役      三宅 裕一 (重任)
    (デジタルマーケティング本部長 兼 デジタル戦略担当、制作管理部、営業部、販売促進部 担当)
  • 取締役(非常勤)  江口 祥一郎(重任)
    (JVCケンウッド 代表取締役 社長執行役員 最高経営責任者)
  • 取締役(非常勤)  岩崎 初彦 (重任)
    (JVCケンウッド 執行役員 エンタテインメント ソリューションズ分野責任者、同分野 メディア事業部長)

※特別顧問の斉藤正明は6月20日付で退任。
※敬称略

オススメ