ソニーミュージック、チャット型のAIレストランメニューサービス「Satisfood」運営のSuper Duperと資本業務提携

ビジネス

ソニー・ミュージックエンタテインメント

ソニー・ミュージックエンタテインメント(以下 SME)が、Super Duperとの資本業務提携を発表した。

Super Duperは、SMEが主催するアクセラレーションプログラム「ENTX」第1期において審査員特別賞を受賞した、外国人旅行者の“食べたい”や“知りたい”というニーズに応える最高の「食」体験を提供するチャット型のAIレストランメニューサービス「Satisfood」を運営するスタートアップ企業。

この提携により、Satisfoodの新機能として、ユーザーが飲食店で注文したメニューを音楽のプレイリストのように時系列に並べ、それを他のユーザーとシェアすることにより料理や飲食店との新たな出会いが生まれる「FOOD PLAYLIST」の開発を行うなど、Super Duperの提供するサービスに新しい価値を生み出し、更なる成長を促す。