インディペンデント・ディストリビューター「The Orchard Japan」発足、パッケージ/デジタル配信と独自の分析ツールでアーティストをサポート

インタビュー フォーカス

The Orchard Japan(ジ・オーチャード・ジャパン)

1997年、アメリカにて創立されたインディペンデント・ディストリビューター「The Orchard(ジ・オーチャード)」が、日本へ向けたサービスを展開する「The Orchard Japan(ジ・オーチャード・ジャパン)」を開設した。

ディストリビューターとは、個人やレーベルの楽曲をSpotifyやApple Musicなどに自由に配信できるサービス。ジ・オーチャードは創立から音楽を主軸としたパッケージ/デジタル配信のディストリビューションを行っており、近年ではBTSやジョルジャ・スミスもヒットを出しているプラットフォームとなる。

日々台頭する新たなプラットフォームの登場で急速に音楽ビジネスの環境は変化しているが、ジ・オーチャード・ジャパンではどのようなサービス展開が行われ、日本の音楽ビジネスにどのような影響を与えるのか。日本オフィスのヴァイス・プレシデント 金子雄樹氏にお話を伺った。

  1. パッケージとデジタルの両方を大事するディストリビューション
  2. フォロー体制を整える“インディペンデント”・ディストリビューター
  3. 歴史の中で培われた独自の分析ツール
  4. 気づきから起きる次へのアクション
  5. 日本が抱える「聴き流す」文化の欠如
  6. 健全な動きのなかで“良い音楽”を共有するために
  7. なによりも「スピード感」を大事にするサービス

パッケージとデジタルの両方を大事するディストリビューション

――ジ・オーチャード・ジャパン設立についての経緯をお願いします。

金子: ジ・オーチャードは、1997年にインディペンデントのディストリビューターとしてニューヨークで創立され、2015年に米国のSony Music Entertainment(SMEI)の完全子会社となりました。

海外ではワーナーミュージックやユニバーサルミュージックも、我々のようなレーベルを持たないディストリビューション機能を持つ会社を買収している動きがあり、日本でもオフィスを作ろうといったところから開設に至りました。

――そういった拠点を全世界で展開しているのでしょうか?

金子:ジ・オーチャードは世界に40か国以上の拠点がありますが、私がジ・オーチャードに入る前から、日本に近い拠点のスタッフが日本のいくつかの方々と契約を締結してビジネスを行っていたので、実のところ拠点を置く前から(日本での)売り上げは発生しています。

その流れから、マーケティング等の部分でローカルの営業所があるのとないのとでは大きな違いがあることと、重要なマーケットということで日本に拠点を置くことになりました。

――どのようなサービスを提供していますか?

金子:簡単に言うとパッケージとデジタルの両方をディストリビューションします。それは日本に限らず、グローバルでのディストリビューションです。逆もそうですね、海外からのディストリビューションも受けます。

――各国のジ・オーチャードも同じような形態ですか?

金子:全く一緒です。全世界共通のビジネスとなります。

――ではジ・オーチャードの特色はどういったものでしょうか?

金子:ほかのコンペティターも同じような機能は持っていますが、ジ・オーチャードに関しては「パッケージとデジタルの両方を大事にしてディストリビューションしよう」といった動きがあるのが大きな違いかと思います。ただ、あくまでもディストリビューションなので、レーベル機能を持ってCDを製造したり、販売することはやっていないですね。

また、長い歴史の中で運用しているレーベル、ディストリビューターを海外で見たときに、“インディペンデント”のディストリビューターとしてはシェアがトップなので、それに見合ったサービスレベルをクライアントに提供することが可能です。

あとは先ほどもお話しましたが、全世界に40以上の拠点があって、私のようなスタッフがモスクワや台湾にもいてローカルでビジネスを行っているところですね。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7

関連タグ

オススメ