Billboard JAPAN Download Songs(1/26公開)、Aimer「残響散歌」が通算3週目の首位 Ado新曲4位初登場

チャート ビルボード

Aimer「残響散歌」

2022年1月26日公開(集計期間:2022年1月17日〜1月23日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で、Aimerの「残響散歌」が、20,602ダウンロード(DL)を売り上げて、首位に返り咲いた。

前週CDシングル「残響散歌/朝が来る」の表題曲「朝が来る」が初登場1位をマークしていたAimerだが、当週は「残響散歌」に1位の座を明け渡すこととなった。「残響散歌」が首位となるのは12月22日公開チャート以来で、通算3週目となる。他指標でも依然と好調で、DLに加えて動画再生回数とルックアップ(それぞれ2位)、ストリーミング(5位)が牽引して、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”では首位をキープした。

なお、前述の「朝が来る」は、前週38,089DLから14,941DLまで半減し、ワンランクダウンの“Download Songs”2位となっている。順位は入れ替わったものの、Aimerは当週も1、2フィニッシュを飾ることとなった。

ドラマ「ドクターホワイト」の主題歌に起用されている、Adoの新曲「心という名の不可解」は10,673DLを売り上げて、初登場4位となった。1月17日に配信リリースされた楽曲で、1月26日にリリースされたAdoの1stアルバム「狂言」に収録されており、次週のチャート・アクションにも注目したい。

当週6位から9位はすべて初登場曲となった。スマホゲーム・プロジェクト「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」からは25:00、ナイトコードで。の2ndシングルの表題曲「限りなく灰色へ」が6位(6,942DL)、「アイディスマイル」が7位(6,176DL)となった。

8位には、5,475DLを売り上げて、ABEMAオリジナル恋愛番組「今日、好きになりました。蜜柑編」の主題歌に起用されている幾田りらによる新曲「スパークル」、9位には5,204DLと僅差で、絢香の「Victim of Love feat. Taka」がエントリーした。

【Download Songs】トップ10

1位「残響散歌」Aimer(20,602ダウンロード)
2位「朝が来る」Aimer(14,941ダウンロード)
3位「逆夢」King Gnu(11,597ダウンロード)
4位「心という名の不可解」Ado(10,673ダウンロード)
5位「一途」King Gnu(9,301ダウンロード)
6位「限りなく灰色へ」25:00、ナイトコードで。(6,942ダウンロード)
7位「アイディスマイル」25:00、ナイトコードで。(6,176ダウンロード)
8位「スパークル」幾田りら(5,475ダウンロード)
9位「Victim of Love feat. Taka」絢香(5,204ダウンロード)
10位「ベテルギウス」優里(4,582ダウンロード)

関連タグ

関連タグはありません

オススメ