HIKKYとJR西日本グループ、バーチャルマーケット2022 Summerにて展開するメタバース上の駅「バーチャル大阪駅」の詳細を発表

ビジネス アプリ・サービス

HIKKYが、8月13日〜28日にかけてメタバース上で行う世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」にて、西日本旅客鉄道、JR西日本コミュニケーションズ、JR西日本イノベーションズが、大阪駅をメタバース上に再現した「バーチャル大阪駅」を展開する。

バーチャル大阪駅では券売機にタッチすることでICOCAを取得し、改札を通って乗車ホームへ移動することができる。ホームには2023年うめきた(大阪)駅で採用される世界初の「フルスクリーンホームドア」を設置し、実際よりひと足早く、メタバース上で体験できる。また、JR西日本、日本信号と人機一体が連携して現在開発中の人型重機ロボットと鉄道工事用車両を融合させた「多機能鉄道重機」も登場。さらに、ハローキティとコラボレーションした関空特急はるか(281系)には実際に乗車することができ、「空港エリア」を経て「パラリアルニューヨーク」のワールドへ移動できる。

バーチャル大阪駅構内にあるエレベーターに乗ると、大阪駅を象徴する大屋根で滑り台体験が可能。「滑り台の先にはゴジラが?!」メタバース上だからこそできる体験を楽しめる。また、屋根上からは大阪駅から見えることでお馴染みのダイキン工業の「大ぴちょんくん」看板も見えるので、探してみよう。

実際の大阪駅にも存在するアトリウム広場をバーチャル大阪駅にも再現。バーチャル大阪駅のアトリウム広場では、JR西日本が展開する地域産品オンラインショップ「DISCOVER WEST mall」、ジェイアール西日本商事の鉄道グッズECショップ「トレインボックス」、JR西日本SC開発の運営する大阪駅直結の商業施設「ルクア大阪」、日本旅行がアバター接客を行う「日本旅行バーチャル大阪駅支店」等の4つのショップブースを展開する。ブース内で紹介されている一部の商品・サービスについては、各社の販売ページにリンクされており、実際に購入することができるとのこと。

大阪駅での待ち合わせスポットの定番「時空の広場」もバーチャル大阪駅に再現。リアルとバーチャルどちらの広場にも、モニター付きのライブステージが設置される。

8月22日17:45からは、実際の大阪駅「時空の広場」において、吉本興業所属のお笑い芸人、アキナ、見取り図、ZAZYによるお笑いライブを実施する。ネタ披露後にはリアルステージ上でヘッドマウントディスプレイを装着した各タレントが、バーチャル大阪駅の時空の広場にてアバターでの公開ファンミーティングを行う。

そして、VTuberコラボユニット・パラレルウォーカーが、バーチャルマーケット期間中の8月13日〜28日、「バール・デルソーレ(大阪ステーションシティ5F「時空の広場」内で営業中)」とコラボレーション。完全オリジナルの描き下ろしイラストでラッピングされた店舗では、ここでしか食べられないコラボメニューも登場する。

さらに、コラボメニューを注文した人に、書き下しイラストをプリントしたオリジナルコースターを全6種類の中からランダムでプレゼント。無くなり次第終了となる。期間中に、パラレルウォーカーのメンバーが実際に店内に登場するかもしれないとのこと。

また、AIアバターサイネージ技術を活用した体験型イベント「てぇてぇシャッター」も開催。日替わりでパラレルウォーカーのメンバーがAIサイネージに登場し、手持ちのスマートフォンカメラを意識して、メンバーが個性豊かに振る舞うので、かわいくキメポーズを取る“推し”と一緒に写真を撮ることができる。

展開するメニューなど詳細は、パラレルウォーカーのTwitterアカウントなどで随時発表予定で、バーチャル大阪駅の「時空の広場」にも、今回のコラボカフェを設置する。

そして、VTuberグループ・有閑喫茶あにまーれとHoneyStrap(ハニーストラップ)がリアル大阪駅をジャック。メンバーがJR西日本の制服を着たスペシャルな交通広告が8月15日〜8月28日の期間限定で、大阪駅桜橋口の地下通路を埋め尽くす。

また、バーチャルマーケット期間中に大阪ステーションシティの対象店舗(ルクア大阪、大丸梅田店、ホテルグランヴィア大阪、エキマルシェ大阪、大阪ステーションシネマ、イチロクグルメ、crost.、サポートプラザ、ラグナヴェール プレミア、コナミスポーツクラブ大阪ステーションシティ)で合計2,000円以上(合算可)を購入した人に、有閑喫茶あにまーれとHoneyStrap(ハニーストラップ)メンバーのオリジナルポストカードをプレゼントするキャンペーンも実施する。

メンバーがJR西日本の制服を着用したオリジナルイラストのポストカードは、8月26日〜28日に、大阪ステーションシティ5F 時空の広場内 引換カウンター(営業時間10:00〜18:00)にてレシート提示毎に、全11種類の中からランダムで1つプレゼント。参加回数制限はなく、無くなり次第終了となる。

その他にも様々な人気キャラクターの登場や広告・動画掲載なども盛りだくさん。さらにバーチャル大阪駅の一部をHIKKYが独自展開するメタバース開発エンジン「Vket Cloud」により制作することで、VR機器がなくても手持ちのスマートフォンやPCなどから手軽に来場できる。

JR西日本グループコメント

これまで、JR西日本グループは鉄道輸送サービスのさらなる安全性・利便性向上に取り組むとともに、駅の立地を生かした商業施設や駅ビル開発など様々な事業展開を通じて、駅の付加価値を高め、お客様の生活に密着したサービスの充実を図ってまいりました。
今回のバーチャルマーケットへの出展は、「JR西日本グループデジタル戦略のめざす未来」を具現化する取り組みの一環であり、コロナ禍による社会変容で大きく生活が変化する中においても、これまで「リアル」で磨いてきた駅を「バーチャル」へと拡張し、2つの空間が相互に連動した新たな価値創造にチャレンジしていきます。
今回の出展を契機に、メタバース上での他社との連携や地域性を生かした街づくりなど、駅を起点としたバーチャル空間で様々な情報や人を繋ぐことにより、新しい価値創出の実現を検討していきます。

関連タグ

オススメ