音楽配信サービス利用アンケート2019、直近1年間の有料音楽DL利用者と定額配信利用者は各8%〜マイボイスコム調べ

ビジネス

音楽ダウンロード・定額制配信サービスの利用状況
音楽ダウンロード・定額制配信サービスの利用状況

マイボイスコムは、12回目となる「音楽ダウンロードの利用」に関するインターネット調査を2019年11月1日〜5日に実施し、10,169件の回答を集めた調査結果を発表した。

音楽ダウンロード・定額制配信サービスの利用状況

直近1年間に利用したサービスは(複数回答)、「音楽ダウンロードサービス・無料」が12.1%、「音楽ダウンロードサービス・有料」「定額制音楽配信サービス」が各8%となった。10・20代では、「音楽ダウンロードサービス・無料」「定額制音楽配信サービス」が各2割となっている。

有料音楽ダウンロードサービスで音楽をダウンロードした機器

直近1年間に有料音楽ダウンロードサービスを利用した人に、音楽をダウンロードした機器を聞いたところ(複数回答)、「パソコン」が59.7%です。「スマートフォン」は50.6%で、2018年調査より増加している。

有料音楽ダウンロードサービスで音楽をダウンロードした機器

有料音楽ダウンロードサービスで音楽をダウンロードした機器

有料音楽ダウンロードサービスでダウンロードした音楽を聴く機器

直近1年間に有料音楽ダウンロードサービスを利用した人が、ダウンロードした音楽を聴く機器は(複数回答)、「スマートフォン」が62.5%で最も多く、「パソコン」が49.6%、「携帯音楽プレーヤー」が23.4%です。10・20代では、「スマートフォン」が8割弱、「携帯音楽プレーヤー」が3割強で他の層より高くなっています。

音楽ダウンロード・定額制配信サービスの利用状況

音楽ダウンロード・定額制配信サービスの利用状況

有料音楽ダウンロードサービス選定時の重視点

直近1年間に有料音楽ダウンロードサービスを利用した人の、サービス選定時の重視点は(複数回答)、「好きなアーティストの曲が充実している」が49.6%、「最新の曲が充実している」「曲の検索がしやすい」「懐かしい曲が充実している」が3〜4割となっている。

有料音楽ダウンロード・定額制音楽配信サービスの利用意向

有料音楽ダウンロードサービスの利用意向は11.5%、10〜30代では各2割となっている。現在利用者では7割強、非利用者では15%。定額制音楽配信サービスの利用意向は10.8%となっている。いずれも利用したくない人は63.0%、高年代層で高い傾向となった。

回答者のコメント

有料音楽ダウンロード・定額制音楽配信サービスを利用したい理由、利用したいと思わない理由(全4,179件)

有料の音楽ダウンロードを利用したい

・自分が好きな曲を購入して、スマホなどを変えてもずっと聞けるようにしたい。(女性24歳)
・iTunesのサービスが続く以上は現行のやり方が性に合っているから。(男性39歳)
・沢山の曲はいらない。曲の一部を無料で試し聴きできるようになっていれば、気に入った少数の曲だけを買いたい。(男性50歳)

定額制音楽配信サービスを利用したい

・アマゾンプライム会員なのでその分は使いたいです。(男性33歳)
・定額制なら好きなだけ楽しめるという開放感があるから。(女性26歳)
・気に入ったものは購入するので、ただ聴くだけでよいものは配信で充分です。(男性48歳)

利用したいと思わない

・スマホで音楽を聴く習慣がないため必要ない。(女性50歳)
・お金を払ったからには聞かなきゃいけない義務感に駆られて結局時間の無駄使い。(男性44歳)
・定額制だと元を取るほど音楽を聴かないし、曲単位もCDのレンタルで事足りる。(女性28歳)

関連タグ