渋谷が「エンタメ×5G」で進化、音のAR「Audio Scape」提供開始

ビジネス

Audio Scape

渋谷区観光協会、渋谷未来デザイン、KDDIは、「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」の第2弾として、10月19日より開催される第14回渋谷音楽祭開催に合わせて、渋谷の一部エリアで「渋谷の街が、音楽プレーヤーになる。」をテーマに音のARサービス「Audio Scape(オーディオ・スケープ)」の提供を開始する。

Audio Scapeは、ユーザーがスマートフォンからウェブサイトにアクセスすることで、AIが位置情報・時間・気分・天気などを解析し、それぞれのエリアの世界観・カルチャーに合わせて音楽を自動選曲するというもの。今いる環境や時間に最適な音楽を提案することで、新たな音楽拡張体験を提供する。

なお、Audio ScapeはKDDIとデジタルガレージとの戦略的提携の一環として2018年より参画したオープンイノベーション型研究開発組織「DGLab(ディージーラボ)」が開発した音に関するウェブAR技術と、coton(コトン)および東京藝術大学により共同開発された音楽生成サービス「soundtope」を使用している。

今後、世界的なアーティストとのコラボレーションを予定しているほか、来たる第5世代移動通信システム「5G」時代を見据えて、KDDIの有するテクノロジーとオープンイノベーションを組み合わせることで、渋谷の街をエンターテインメントとテクノロジーでアップデートしていくとしている。

関連タグ