谷山浩子、初の映像作品「1991 谷山浩子コンサート with ねこ森アンサンブル」発売決定 少人数観客+有料配信ライブ開催も

アーティスト

シンガーソングライター谷山浩子の初映像作品である「1991 谷山浩子コンサート with ねこ森アンサンブル」がDVD化され、9月16日に発売されることが決定した。

同作品は、今から29年前の1991年6月12日に東京メルパルクホールで開催されたコンサートを収録した、作品。VHSとレーザーディスクで1991年9〜10月に発売されている。それらは現在入手困難になっているが、今回装いを新たにDVD化されたことで当時の映像をより鮮明なものとして楽しむことができる。

コンサートの音楽監督は今もなお谷山の作品に関わりの深い斎藤ネコが担当。映像では指揮者に加え、ピアノ、ヴァイオリンと楽器演奏でも参加。そのほか石井AQ、吉川忠英、相曽晴日と谷山ファンにはお馴染みのミュージシャンが参加。総勢13名がバックを支える豪華なコンサートとなっている。

「森の音楽会」をコンセプトとして、静かな深い夜の森から太陽の日差しあふれる森へと変貌していくストーリー仕立ての演出が展開されていく。原曲とはまた違った印象を与える楽曲アレンジはどれも秀逸で、独創性あふれる谷山浩子の世界を感じることができる。

そして、6月に開設した「谷山浩子 公式YouTubeチャンネル」に、今作のトレーラー動画のVer.1が公開されている。みずみずしい歌声が響く「銀河通信」「ねこの森には帰れない」など今回は前半の5曲をピックアップ。リリースに向けて、今後トレーラー動画も複数回公開を予定している。

8月28日には、東京・duo MUSIC EXCHANGE」の企画する支援プロジェクトで、少人数観客+有料配信ライブを開催することが決定。詳細は8月上旬に谷山浩子オフィシャルウェブサイトなどで発表される。

関連タグ

オススメ