廣瀬友祐がミニ・アルバム『cherisH』を発売 2020年にはライブツアーも開催決定

アーティスト

SPICE

廣瀬友祐

廣瀬友祐

2019年11月9日(土)に初日を迎えるミュージカル『ファントム』~もうひとつのオペラ座の怪人~で、主人公のオペラ座の怪人、エリックの恋敵となるシャンドン伯爵役を演じるなど、ミュージカルを中心に活躍する廣瀬友祐のミニ・アルバム 『cherisH』(読み・チェリッシュ)が11月27日(水)に発売される。

俳優として成長し続ける廣瀬は、演じることにとどまらず音楽やアート、デザインといった様々な手法を用いて自らの「表現」を追求する。今回発表する作品は2019年3月にリリースした『THEATER H』以来となる。

タイトル『cherisH』には楽曲から想起させられるイメージをもとに “かわいがる、大事にする、(希望や野心を)心に抱く、懐かしがる、いつくしむ” といった意味を持つ言葉を廣瀬本人が命名。今作は楽曲制作にも意欲的に参加し、作詞・作曲を手掛けた曲も複数収録され、アーティストとしてさらなる覚醒を見せた最新作となっている。

また2020年1月には、愛知を皮切りに、大阪、東京でライブツアーが開催される。

廣瀬 友祐(ひろせ ゆうすけ)
生年月日:1985年10月14日 東京出身、山梨 小淵沢育ち。2008年、ミュージカル『テニスの王子様』でデビュー。俳優業のほか、歌手としても活動中。 近年の主な出演作は、ミュージカル『エリザベート』『1789 -バスティーユの恋人たち-』『ロミオ&ジュリエット』『グレート・ ギャツビー』『パジャマゲーム』『屋根の上のヴァイオリン弾き』、浪漫活劇『るろうに剣心』など。

関連タグ

関連タグはありません