miwa、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」でドラマ「凪のお暇」主題歌「リブート」を初披露

アーティスト

miwaが8月3日、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」初日で新曲「リブート」を初披露した。

5日間にわたり繰り広げられる「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」の初日、デビューから10年連続、10回目の出演となったmiwaがバンドメンバーを率いてPARK STAGEに登場すると、会場は大きな盛り上がりをみせた。

「君に出会えたから」「ミラクル」と冒頭から夏フェス代表曲を披露した後、MCで「新曲初披露してもいいですか?」とmiwaが呼びかけると、待望の新曲初披露に歓喜が起きた。この日初披露されたのは、話題のドラマ「凪のお暇」の主題歌で約1年ぶりにリリースされるシングル「リブート」。

ギターをかき鳴らしながら歌詞に合わせてキックする等その表情、描写、表現に耳だけでなく目までも奪われる新曲にオーディエンスはこの日一番の盛り上がりを見せた。

さらに「リブート」に収録されるカップリング曲「すべて捨てても」も披露、歌いだした瞬間、各所から息をのむ声が聞こえ、会場は酔いしれた。

「昨年ベストアルバムをリリースして、一区切り。これからも新しい楽曲たちを届けられるように、私も新しい気持ちで再出発できればと思います」とオーディエンスに伝えると、「chAngE」を披露し、続けてmiwaの代表曲である「ヒカリヘ」。

ラスト曲「We are the light」をピアノ1本の伴奏のみの構成で歌い上げ、本編を締めくった。

関連タグ

オススメ