明日6月25日はマイケル・ジャクソンの命日

コラム 高橋裕二の洋楽天国

マイケル・ジャクソンは2009年6月25日に、50歳で亡くなった。もう13年が経つ。

アルバム「スリラー」はアメリカで最もアルバムを売ったとして、イーグルスの「グレイテスト・ヒッツ」に次ぐ2位。3400万枚を売った。ケーブル・チャンネルMTVの台頭と軌を一にし、ミュージック・ビデオはレコードを売る為の宣伝材料と強く印象付けた。

アメリカの経済誌フォーブスのちょっと変わったランキング。亡くなった著名人が、死後毎年いくら稼いだかというランキング「Top-Earning Dead Celebrities」。マイケル・ジャクソンは死後10年間連続して1位だった。遺産や資産ではない。あくまでも本人が1年間で稼いだお金。

自身のアーティスト印税や音楽著作権の印税。何よりも凄かったのは、ジョン・レノンとポール・マッカートニーが書いた曲を管理する音楽出版社をソニーに売った事だ。

子供時代に虐待を受けたとして、父親のジョセフ・ジャクソンには遺産の分配はゼロだと遺言書に書いた。

高橋裕二の洋楽天国記事提供元:洋楽天国
高橋裕二(たかはし・ゆうじ)
インタビュー

関連タグ

関連タグはありません

オススメ