テイラー・スウィフト、音楽出版をユニバーサルミュージックに

コラム 高橋裕二の洋楽天国

テイラー・スウィフト、音楽出版をユニバーサルミュージックに

テイラー・スウィフトは、自分が書く曲の管理をソニー/ATV音楽出版からユニバーサルミュージック音楽出版に変えると発表した。

キーパーソンは写真の左に移っているトロイ・トムリンソン。14歳のテイラー・スウィフトと音楽出版の契約を結んだ人物。昨年(2019年)まではソニー/ATV音楽出版ナッシュビルにいた。そしてユニバーサルミュージック音楽出版ナッシュビルに移った。分かりやすい話だが、音楽業界は人と人との結びつきが重要。

テイラー・スウィフトは、レコードはユニバーサルミュージック傘下のリパブリック・レコードなので、ユニバーサルミュージックが全面的に支援する事になる。ビッグ・マシーン・レコード時代の6枚のアルバムの再録音話が進むのかもしれない。

写真の女性はユニバーサルミュージック音楽出版のジョディ・ガーソン会長。右はユニバーサルミュージック・グループのルシアン・グランジ会長。テイラー・スウィフトが抱いている猫はベンジャミン・バトンという名前だそうだ。

高橋裕二の洋楽天国記事提供元:洋楽天国
高橋裕二(たかはし・ゆうじ)
インタビュー

関連タグ

関連タグはありません

オススメ