ビルボード・ジャパン、12/2発表分より5つの新チャートを発表

ビジネス

Billboard JAPAN

ビルボード・ジャパンが、2020年12月2日より5つの新チャートの発表をスタートした。

今回、新たに追加されたのは「Artist100」「Top User Generated Songs」「HeatSeekers Songs」「Hot 100 Lyricists]、「Hot 100 Composers」の5種類だ。

  1. 「Artist100」はHOT 100とHOT Albumsのポイントを合算し、アーティスト単位でまとめたアーティストランキング
  2. 「Top User Generated Songs」はYouTubeの再生数のうちUGC(User Generated Contents:ユーザーが生成したコンテンツを表す)のみの再生数を集計し、ネット上のバズを可視化したチャート
  3. 「HeatSeekers Songs」はHOT 100を構成するデータのうち、ラジオ、ダウンロード、ストリーミング、週間動画再生数を集計し、その中から急上昇中の新人アーティストを抽出したチャート。
    • 当週を含む3週連続、HOT 100で1指標でも300位圏内にチャートインした楽曲
    • HeatSeekersにチャートイン後、HOT 100のトップ20位以内に1度でも入ったアーティストは除くなど
  4. 「Hot 100 Composers」はHOT 100でポイントを獲得した作曲家のチャート
  5. 「Hot 100 Lyricists」はHOT 100でポイントを獲得した作詞家のチャート

ビルボードは、2008年のジャパン・チャート開始以降、音楽市場の動きに合わせてHOT 100の構成データを追加し、新チャートを発表するなど、常にアップデートを続けている。今後も、様々な楽曲との出会いや音楽市場の活性化に向け、チャートの発表を行っていくとしている。

関連タグ

オススメ