ドワンゴの新サテライトスタジオ「ハレスタ」グランドオープン、記念イベントに総勢30組以上の豪華“池メン晴れオトコ”が大集合

ビジネス

ドワンゴの新サテライトスタジオ「ハレスタ」グランドオープン
ドワンゴの新サテライトスタジオ「ハレスタ」グランドオープン

東京・池袋の新名所としてオープンしたHareza池袋。同所の東京建物Brillia HALLに、ドワンゴが運営するサテライトスタジオ「ハレスタ」が誕生。オープンを記念し、11月2日・3日には「ハレスタオープニング記念イベント〜池袋の新スタジオに池メン晴れオトコ大集合!!〜」が開催された。

オープニングセレモニーには高野之夫豊島区長、ドワンゴ専務取締役CCOの横澤大輔氏、そしてユーザーから“ラスボス”の愛称で親しまれている小林幸子が登壇。会場に集まったファンやニコニコ生放送の視聴者らの「スイッチON」の掛け声と共に、「ドワンゴビジョン」の点灯式を行った。

イベントを開催した2日間には、多くの豪華ゲスト陣がオープンの“お祝い”に駆けつけた。

1日目の午前中には、隣接する中池袋公園の特設ステージで大勢のファンにライブパフォーマンスを披露した2.5次元コスプレダンスユニットのアルスマグナが登場。活動当初に乙女ロードでチラシ配りをした思い出話に花を咲かせた後、「ハレスタ名物!バイノーラルマイクでひとこと」のコーナーではメンバーの1人である九瓏ケント先生から「先生の言うことは…絶対だろ」とささやきボイスが。会場に駆けつけた2人組の10代女性ファンは「先生、カッコよすぎました」「(ささやきに)死にかけました」と興奮気味に話してくれた。

午後1発目のゲストには、隣接ステージで「歌に形はないけれど」などを披露し、観客を感動の渦に包んだ歌い手の+α/あるふぁきゅん。がハレスタに登場。今年の夏コミで頒布した缶バッジ付きアルバム「αkatsuki」をお土産に携え、バイノーラルマイクのコーナーではセリフを視聴者コメントから募集。「いたずらしちゃうぞ」「やさしくしてね」と悶絶必至のささやきでファンを喜ばせた。

続いては隣接ステージのダンスパフォーマンスで「キレッキレ!」と絶賛コメントを集めたSHARE LOCK HOMESが登場。池袋の思い出といえば、石田衣良の名作『IWGP(池袋ウエストゲートパーク)』にメンバー全員でハマったことだと話し、お土産には当日助っ人にやってきた踊ってみたユニット・佐藤家の鷹文も交えたレアな4人のサイン入りチェキを持参していた。

次にスタジオに駆けつけたのは歌い手の__(アンダーバー)。バイノーラルマイクのコーナーでは「皆さんこんにちは。__(アンダーバー)星の王、__(アンダーバー)です」と、まさに“ねっとり”という形容詞がピタリとハマるボイスを披露。視聴者の耳元で囁いてくれるような臨場感が演出できるバイノーラルマイクの特徴を生かし、右耳から左耳へぐるりと取り囲むように囁いてくれた。

来年公開予定の映画『色の街』からはキャストの黒澤優介、矢崎希菜、安慶名晃規、つじかりんの4名が登場。それぞれに池袋の思い出を聞いたところ、安慶名からは「池袋のラウンドワンで彼女とデートをしたことがある」といったプライベートな甘酸っぱいエピソードも飛び出た。お土産にはキャストサインと、なんとまだ公開されていない映画の台本も。映画に特別出演する小手伸也からもお祝いのVTRメッセージが届き観客を盛り上げた。

続いても映画チームからゲストが登壇。11月29日に公開予定の『MANRIKI』からは、斎藤工と共に同作のプロデュースを手がけるお笑い芸人・永野、映画に出演するDOBERMAN INFINITYのSWAYが駆けつけた。斎藤が『映画の公式InstagramとTwitterがそれぞれ1万人のフォロワーを達成しなければ公開しない』と公言したことを受け、2人は必死に作品をアピール。登壇中にTwitterのフォロワーが22人増え“ハレスタ効果”に歓喜した。

「リアルとバーチャルの融合」をテーマにするハレスタでは、様々なアーティストとの共演が実現する。この日はバーチャルYouTuber(VTuber)の電脳少女シロもスタジオにやってきた。シロが登場するとスクリーンには視聴者からは「おほほい!」弾幕が。会場にもサイリウムを持ったファンが詰めかけ、シロの愛らしい一挙一動に歓声が上がった。ファンコミュニティ繋がりの20代の男性5人組は口々に「最高でした」「こんなに近くで見られる機会は珍しい」「こうしたイベントならではの体験だった」と嬉しそうに感想を述べていた。

初日ラストのゲストは数々の人気舞台で活躍する俳優の黒羽麻璃央。池袋の思い出や最近マイブームというこだわりの家電についてトークを繰り広げた後には、ニコニコ生放送ならではのアンケート機能を使ったコーナーも。黒羽は「最近結婚する人が周りに多いので……」と前置きをした上で、「結局、結婚相手に求める究極は?」という質問を投げかけた。優しさ・厳しさ・好みの外見・包容力・経済力の5択を用意したところ、53.8%で包容力がダントツの1位に。結果を受けて黒羽は「包容力ってどうやって鍛えればいいの?」と苦笑いすると「包容力を身につけてまたハレスタに遊びに来たいです!」とコメントを寄せてくれた。

2日目も豪華なゲスト陣で盛り上がったオープニングイベント。午前中にはアニメソングの帝王・水木一郎が登場した。水木がスタジオにやってくると視聴者からは「アニキー!」とコメントが続々。水木はデビュー前に池袋の「ドラム」というジャズ喫茶でロックやジャズを披露していたそう。1日目の放送で視聴者の間でもすっかりお馴染みになったバイノーラルマイクのコーナーでは、水木に言っていただくセリフを視聴者から募集した。普段の迫力ある声色から打って変わって、両耳に「愛してるZ」「大好きだZ」という優しい囁きに観客は大興奮。「レアなZが聴けた!」と喜びの視聴者コメントも集まった。

続いてスタジオにやってきたのは、人気沸騰中のスマホゲーム「#コンパス〜戦闘摂理解析システム〜」のキャラクター、ジャスティス ハンコック。今回は「ジャスティストーク」と題し、観覧に足を運んだファンと直接会話できる企画を実施した。トーク相手に選ばれた迅音(はやね)さんは愛知県からこのイベントのために池袋にやってきたとのこと。

ジャスティスから「オススメの地球の食べ物を教えてほしい」と尋ねられてうどんの話題で盛り上がり、一緒に「テヤァ!」の掛け声で締め括った。迅音さんは「直接会話できてとても嬉しかった。来た甲斐がありました」と笑顔で話してくれた。

今回のイベントには誰もが知る数々の人気声優もハレスタに駆けつけた。13:00ごろにスタジオにやってきたのは、「機動戦士ガンダム」のアムロ・レイ役や、「名探偵コナン」の安室透役などを演じ、幅広い世代から愛される古谷徹。スタジオ前には古谷のお名前や「大好き」の文字を添えたうちわを持参したファンが集った。古谷が手を振るとニコ生視聴者からも「ノシ」のコメントが大量に集まり、スタジオだけでなく放送上でも大いに盛り上がった。

続いては声優の島﨑信長たっての希望で、VTuberグループ「にじさんじ」のChroNoiR(クロノワール)から叶、そして葛葉が登場し、3人の共演が実現した。等身大の叶と葛葉が現れると、この日に司会を務めていた青木佑磨とみるきぃぬも「2人ともカッコいい!」と大歓喜。ChroNoiRの2人は「島﨑さんはどんな存在ですか?」と話を振られると、葛葉は急なフリに「島﨑さんはアニキ的な存在で、可愛がってくれて……」とタジタジだったが、そんな姿にも「かわいい!」と弾幕が。バイノーラルマイクのコーナーでは叶が島﨑に「信長、愛してるぞ」と囁き、その愛らしい声に島﨑も膝から崩れ落ちていた。

この日は自撮り写真の加工術で一躍話題になったMattもハレスタに登場。堀越高校出身というMattは、学生時代によく友だちと池袋に立ち寄り、お気に入りのプレッツェルを買い食いしたり、ゲームセンターで遊んだりして青春時代を過ごしていたのだそう。ゲームセンターでは「太鼓の達人」がお気に入りで、これには司会の青木も「Mattさんが太鼓の達人してたの!?」とイメージとのギャップにビックリ。お土産には自身も愛用しているという美容グッズを持参し、商品を紹介する姿にも「お人形みたい」「世界一美しい……」といったコメントが続々届いた。

続いては大勢のファンに出迎えられ、声優の緑川光がハレスタに。イケボで有名な緑川は、お土産紹介や通常のトークでも本領を発揮。観客からは緑川の一言一言に歓声が上がるほどだった。バイノーラルマイクのコーナーではその“破壊力”にワナワナと震えるファンの姿も。国内だけでなく海外にも多くのファンを持つ緑川だが、当日スタジオ前には20代の中国人の女性ファンも応援に駆けつけ「こんな近い距離で見られるなんてビックリ。カッコよかったです!」と話してくれた。

今回のイベントではここでしか見ることのできないステージも実現。東京建物 Brillia HALLでは、オープニングセレモニーにも登壇した小林幸子が「ハレスタオープニングスペシャルライブ」を実施し、水木一郎とのコラボレーションも叶った。

そして長丁場だった2日間のイベントの終盤に駆けつけたのは、声優の岡本信彦。スタジオの外で中継をしていたかえひろみも司会席に戻り3人で岡本を出迎えると、視聴者からは「しこりーん!」とお馴染みの岡本の愛称でコメントはいっぱいに。お土産抽選会では視聴者から岡本へのメッセージを募集したところ、「大好き」「いつも応援しています」「なかなか会えないから見れて嬉しい」など、視聴者の“愛で画面が見えない”状態となった。バイノーラルマイクのコーナーでは岡本の普段の陽気なテンションから一転、色っぽい声色に防音ガラスを突き抜けるほどの観客の黄色い歓声がスタジオ内まで届いていた。

関連タグ

関連タグはありません