スイング・ジャーナル、2009年ジャズ・ディスク大賞発表

ビジネス

スイングジャーナル誌は、過去1年間(2008年12月1日〜2009年11月30日)に日本国内で発売されたジャズのCD/LPから優秀作品を選定する、第43回(2009年度)「ジャズ・ディスク大賞」受賞作品を発表した。

今回金賞は、上原ひろみ初のソロ・ピアノ作「プレイス・トゥ・ビー」、そしてエディ・ヒギンズの遺作「ポートレイト・オブ・ラブ」の2作品が受賞。

銀賞を獲得したのは、マンハッタン・ジャズ・クインテットが結成25周年を記念して制作した「25〜アート・ブレイキー・トリビュート」。

日本ジャズ賞を受賞したのは、日本を代表するトップ・プレイヤーたちが富樫雅彦への思いを込めた1枚「マイ・ワンダフル・ライフ〜富樫雅彦バラード・コレクション」。

ボーカル賞は昨年度に引き続き国内外2部門から選出。海外部門は、昨年同賞を受賞したニッキ・パロットの第2作「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」が2年連続の受賞となり、国内部門は、実力派シンガー,平賀マリカのカーペンターズ作品集「シング・ワンス・モア〜ディア・カーペンターズ」が受賞した。

その他の受賞作品は以下の通り。

編集企画賞
「ブルーノート ベスト&モア1100」
ブルー・トレイン/ジョン・コルトレーン 他全100タイトル

制作企画賞
『ワイド・アングル/早間美紀』

最優秀録音賞
ニュー・レコーディング:インストゥルメンタル部門
「ジャパネスク〜日本の詩情/ヨーロピアン・ジャズ・トリオ」

ニュー・レコーディング:インストゥルメンタル部門
「ハンドフル・オブ・スターズ/エディ・ヒギンズ&スコット・ハミルトン&ケン・ペプロウスキー」

ニュー・レコーディング:ボーカル部門
「ディア・ソウルズ/彩花-iroha-(イロハ)」

ニュー・スター賞(2009年度最優秀新人ジャズ・アルバム)
「インスピレーション/片倉真由子」

▼スイング・ジャーナル社
 → http://www.swingjournal.co.jp/

関連タグ

関連タグはありません

オススメ