カニエ・ウェスト、ドナ・サマーの遺産管理団体と楽曲使用の件で和解

アーティスト BANG Showbiz

カニエ・ウェスト

カニエ・ウェストが、楽曲の「違法」使用の件でドナ・サマーの遺産管理団体と和解した。

今年2月にカニエのYZYからリリースされたタイ・ダラー・サインとのコラボアルバム「ヴァルチャーズ1」収録の「グッド(ドント・ダイ)」でカニエは、ドナの1977年のヒット曲「アイ・フィール・ラヴ」を無断使用したとして同団体から訴訟を起こされていた。

当時ドナのインスタグラムにはこう声明が発表されていた。「カニエ・ウェストはドナ・サマーの曲「アイ・フィール・ラヴ」の使用許可を求めましたが、拒否されました。歌詞を変え、誰かに歌い直させた、もしくはAIを使用していますが、それは「アイ・フィール・ラヴ」です。著作権侵害です!」

ドナの夫ブルース・スダノは、「アイ・フィール・ラヴ」の一聴してわかる箇所を臆面もなく再録音したとして、カニエとタイ・ダラーらを訴えていたが、今回和解が成立、その内容については公表されていない状況だ。

そんなカニエはオジー・オズボーンからも楽曲使用の件で非難されていたところだ。オジーは自身がフロントマンを務めるブラック・サバスの曲「ウォー・ピッグス」をカニエが無断でサンプリングしたとしてXにこう綴っていた。「カニエ・ウェストは1983年のUSフェスティバルの「ウォー・ピッグス」のライブパフォーマンスの一部分をヴォーカルなしでサンプリングする許可を求めたが、奴は反ユダヤ人主義者であり、多くの人に言われなき悲痛を与えたため、拒否された。しかし、奴は昨夜のアルバムのリスニングパーティーでサンプルを使用した。この男とは関わりたくない!」

一方カニエがシカゴのリスニングパーティーで使用したブラック・サバスの楽曲はオジーの指摘とは違い「アイアン・マン」だったとされている。

© BANG Media International

関連タグ

関連タグはありません

オススメ