グラミー賞5度受賞のジミー・ジャム&テリー・ルイス初来日公演、ベン・クウェラー x オロノ(スーパーオーガニズム)など「Billboard Live TOKYO」7月の注目公演をピックアップ

アーティスト

SPICE

国籍・ジャンル問わず、日々さまざまなステージが繰り広げられ、料理やお酒を楽しみながら音楽に浸れる世界基準のライブレストラン・Billboard Live TOKYO。SPICEでは、毎月注目公演をピックアップして紹介! 2024年7月は、ベン・クウェラーとオロノ(スーパーオーガニズム)の共演、グラミー賞を5度受賞したジミー・ジャム&テリー・ルイスの初来日公演など、話題のライブが続々!

ベン・クウェラー with スペシャルゲスト オロノ(スーパーオーガニズム)

ベン・クウェラー with スペシャルゲスト オロノ(スーパーオーガニズム)

■7月2日(火)
Ben Kweller with special guest Orono(SUPERORGANISM)

20年以上にわたり音楽ファンと批評家の心を鷲掴みにするインディー・アイコン、テキサス出身のシンガー・ソングライターのベン・クウェラー。パンデミック以降初となる彼の来日公演がオロノ(スーパーオーガニズム)との共演でビルボードライブにて開催決定! 2000年代の偉大なオルタナティヴ作品のひとつとして数えられているベンのデビューアルバム『SHA SHA』は、昨年発売20周年を迎えた。60’sロック、90’sグランジ、ピアノ・バラード、クラシック・フォークの影響を融合させながら、巧みなメロディ・ラインとダイレクトでシンプルなBenのサウンドは高い評価を得ている。今回の来日公演では、長年の友人であるオロノと共に日本でしか体験できない特別な夜を届けてくれる。この希有な組み合わせは、ステージ上で予測不能な化学反応を起こすこと間違いなし。2人のユニークかつ歌心溢れるパフォーマンスは、今年のラインナップのハイライトのひとつとなるだろう。

■7月3日(水)・4日(木)
CRAZY KEN BAND Billboard Live TOUR 2024
ビルボードライブ東京のクレイジーケンバンド

クレイジーケンバンド

クレイジーケンバンド

昨年デビュー25周年を経て、より円熟味を増す“東洋一のサウンド・マシーン”ことクレイジーケンバンドが、今年もビルボードライブへ登場! 1997年の結成以来、“歌うメロディー・メイカー”横山剣の脳内に鳴りまくるソウルフルな音楽で、ロック、ソウル、ファンク、歌謡曲など、ボーダーレスな音楽性で聴く者を魅了し、数多のフロアを揺らしてきた彼ら。昨年リリースの最新アルバム『世界』では かつてないバンド感で幅広いサウンドを網羅し、CKBならではの世界観へと昇華。“シン・クレイジーケンバンド”で尽きることのない音楽への情熱を提示したのも記憶に新しい。ユーモラスもシリアスも持ち合わせた極上の音楽集団・CKBによる、大人の男気溢れるステージをぜひご体感ください。今年の夏をさらに熱くさせるソウルフルな一夜をご一緒に!

■7月5日(金)・6日(土)
PLAYING FOR CHANGE with Char

PLAYING FOR CHANGE with Char

PLAYING FOR CHANGE with Char

チャリティー・プロジェクト“PLAYING FOR CHANGE”が、以前からこのプロジェクトに参加するギターレジェンド、Charを迎えて3都市ビルボードライブ・ツアーを開催する。2002年にスタートした同プロジェクトは、世界中のアーティストがスタンダード・ナンバーを歌い繋ぎ、そのサウンドと映像を届けることで、国境、人種、文化や宗教を超えた”世界のつながり“を表現。今回もステージをともにするのは、1976年のデビュー以降、「Smoky」「気絶するほど悩ましい」といった名曲を世に送り出し、近年では桑田佳祐が配信リリースしたチャリティ・ソングへの参加や、音楽制作に関わる全てを“独り”で手がけたアルバム『SOLILOQUY』をリリースするなど、約半世紀にわたり表現を追求し続けるChar。時代も国境も超えた名曲群を、この日限りのセッションでお届けするピースフルなステージをお楽しみに。

■7月18日(木)・19日(金)
中村雅俊 Billboard Live 2024 〜REUNION〜

中村雅俊

中村雅俊

俳優、歌手として幅広い人気を博す中村雅俊による、大好評のビルボードライブツアーが今年も決定! ドラマ『われら青春!』で主演俳優デビューを果たし、自身が歌った同ドラマの挿入歌「ふれあい」が100万枚超のヒットを記録。以降、100本を超える主演作品を含む数多くのドラマや映画に出演、歌手としても精力的に活動を続け、「俺たちの旅」、「恋人も濡れる街角」など数々の名曲を世に送り出してきた。そしてなんと今年、歌手デビュー50周年を迎える彼。半世紀に渡り老若男女に愛され続ける中村雅俊が、キャリアの中から選りすぐりの楽曲を披露するプレミアムなステージに酔いしれて。

■7月28日(日)〜30日(火)
Jimmy Jam & Terry Lewis

ジミー・ジャム&テリー・ルイス

ジミー・ジャム&テリー・ルイス

グラミー賞を5度受賞し、80年代&90年代R&Bシーンを席巻したソングライティング&プロデュース・デュオ、ジミー・ジャム&テリー・ルイスが遂にビルボードライブで待望の初来日公演を開催決定! 50年にわたるキャリアの中で築いてきたその輝かしい功績で、音楽業界においてレジェンダリー・アイコンとしても君臨する彼らは、プリンス、マイケル・ジャクソン、メアリー・J・ブライジ、宇多田ヒカル、ビヨンセ、マライア・キャリー、ジャネット・ジャクソンなど、錚々たるアーティストと共にナンバーワン・ヒットを連発。ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドのステータスに達する100枚以上のアルバムとシングルを作曲、プロデュースし、全世界での総売上は1億枚を超える。現在までにチャート史上、他のどのソングライター/プロデュース・チームよりも多くのビルボード1位を獲得し、グラミー賞史上最多のプロデューサー・オブ・ザ・イヤー受賞者となっている。

また、アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞にもノミネートされ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を獲得。そしてその素晴らしい音楽性で2017年にソングライターズ・ホール・オブ・フェーム入り、続いて2022年にはロックの殿堂入りを果たした。さらには満を持してリリースした、自身名義初のフル・アルバム『Jam & Lewis Vol 1』と共に現代音楽を更新。史上No.1のソングライター/プロデュース・チームとして現代音楽の歴史を塗り替え続けている彼らを、親密なクラブ空間で見ることのできるこの貴重すぎる機会は、世界中の音楽ファンが羨むプレミアム・ステージとなるだろう。

関連タグ

関連タグはありません

オススメ