小沢健二 13年ぶりオリジナルアルバムは11月発売、新曲「彗星」本日配信開始

アーティスト

小沢健二
小沢健二

小沢健二がニューアルバム「So kakkoii 宇宙」を11月13日にリリースすることが決定。これに先駆けてアルバム収録曲「彗星」が本日10月11日より各配信サイトにて先行公開された。

新曲「彗星」はストリングスやホーンセクション、大人数のコーラスなどをフィーチャーした小沢流“ファンク交響楽”の最新型とも言えるナンバー。配信開始にあわせて連作となるティザー映像の第1弾「ドローン見ちゃだめ、ドローン見ちゃだめ……、見るー!」も公開されており、こちらでは食堂にて撮影された本人出演のユニークな映像を観ることができる。

ニューアルバム「So kakkoii 宇宙」は、2006年発売のインストゥルメンタルアルバム「Ecology of Everyday Life 毎日の環境学」から数えて13年ぶり、ボーカル入りの作品としては2002年の「Eclectic」以来17年ぶりとなる待望のオリジナルアルバム。収録曲等の全貌はまだ明かされていないが、小沢本人が全曲の作詞作曲のほか、ジャケットデザインも担当しており、かなり濃密な内容が期待できそうだ。なお「小沢健二とSEKAI NO OWARI」名義で2017年9月に発表された「フクロウの声が聞こえる」は、小沢のみの歌唱によるオリジナルバージョンでの収録を予定。この発表に伴い、Instagramのアカウント@sokakkoiiもスタートしている。

さらに小沢はアルバム発売の直前となる11月11日と12日に「飛ばせ湾岸 2 nights、guitar bass drums で So kakkoii 宇宙へ」と題したライブを実施する。11日は東京・新木場 Studio Coast、12日は東京・豊洲PiTといずれも都内の湾岸エリアにて開催。小沢は自身のTwitterで「曲、何やろう? #小沢健二 にどうぞ。「彗星」はやります。あと「失敗がいっぱい」笑。新曲です。」と予告し、ファンからのリクエストを募っている。

関連タグ