TikTokの運営会社ByteDanceがサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスに参入へ

コラム All Digital Music

TikTokを運営する中国のByteDanceが、年内に独自のサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスをリリースするとして、アプリ開発を進めていると報じられた。

ブルームバーグは関係者情報として、ByteDanceはSpotifyやApple Musicなどと音楽市場で競争するためのアプリを早ければ今秋にローンチすると伝えている。ByteDanceのサブスクリプション型音楽サービスのターゲットは音楽新興市場で、すでにインドのレコード会社大手であるT-SeriesやTimes Musicとライセンス契約を締結している。

ByteDanceが音楽サービスに参入する背景には、膨大なTikTokユーザーによるサブスクリプション利用を促進する狙いがある。TikTokだけでなく、同じくByteDanceが運営するアプリのDouyinは共に、音楽コンテンツとの親和性も高いことはすでに証明済みで、今年に入り全米ビルボードチャート1位を獲得したLil Nas Xの「Old Town Road」は、TikTokで人気に火が付き、音楽ストリーミングでの再生、音楽チャートでの成功につながっている。

今後は、音楽業界とByteDanceがどのようなライセンス契約を結ぶのかに注目が集まる。ByteDanceはユニバーサルミュージック、ソニーミュージック、ワーナーミュージックなど世界大手のレコード会社と楽曲利用に関するライセンス契約が4月で切れるが、更新の交渉が進んでいないことが報じられた。TikTokは、以前に買収したショート音楽動画アプリ「Musical.ly」がレコード会社と交わしたライセンス契約を、買収後も引き継いできたとされる。2017年の買収当時、Musical.lyのユーザーはわずか500万人規模だったが、現在TikTokのダウンロード数は10億を超えるほど巨大なプラットフォームへ成長している。

関連記事:インドの音楽ストリーミングGaanaがユーザー数1億人越え、アーティスト向けデータ分析ツール公開へ

海外の音楽市場を見渡すと、東南アジアやインド、中国などで人気のある音楽サービスは、グローバルで人気のSpotifyやApple Musicよりもローカルサービスであり、多くのローカルユーザーを抱えているのが現状だ。中国のTencent Musicが運営するQQ MusicやKugou、Jooxなどは基本フリーで利用できることが人気の理由の一つで、YouTubeもフリーアプリとしてアジアではユーザーを集めている。

サブスクリプション型音楽サービスをグローバル規模で推進したいメジャーレコード会社や音楽業界にとって、新興市場での売上増加は魅力的な提案となる。しかし、すでにフリーアプリが浸透している国では、サブスクリプションの普及に時間がかかるという現実問題もある。
 


 

jaykogami
記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook