ソニーミュージックらレコード会社、音楽生成AIサービスであるSunoとUdioを著作権侵害で提訴

ビジネス 海外

アメリカレコード協会(RIAA)は現地時間6月24日、数百万ドル規模の音楽生成AIサービスであるSunoとUdioが著作権で保護されたサウンド録音を許可なくコピーおよび利用し、大量に侵害したとして2件の著作権侵害訴訟を提起したことを発表した。

訴訟の原告は、SunoとUdioによって侵害されたサウンドレコーディングの権利を保有する音楽会社で、ソニー・ミュージックエンタテインメント、UMGレコーディングス、ワー​​ナー・レコードなどが含まれる。訴訟の対象は、さまざまなジャンル、スタイル、時代のアーティストによるレコーディングとしている。

RIAA会長兼CEOのミッチ・グレイザー氏は「音楽コミュニティはAIを受け入れており、私たちはすでに責任ある開発者と提携し、アーティストやソングライターが主導権を握れる人間の創造性を中心とした持続可能なAIツールの構築に取り組んでいます。しかし、開発者が私たちと協力する意思がなければ、私たちは成功できません。SunoやUdioのような無許可のサービスは、アーティストの生涯の作品をコピーし、同意や報酬なしに自分たちの利益のために利用することが『公正』であると主張しており、私たち全員にとって真に革新的なAIの約束を阻んでいます」と述べている。

RIAA最高法務責任者のケン・ドロショー氏は「これらは、大規模な録音の無許可コピーを伴う、著作権侵害の明白な事例です。SunoとUdioは、サービスを健全かつ合法的な基盤に置くのではなく、侵害の全容を隠そうとしています。これらの訴訟は、責任ある、倫理的かつ合法的な生成AIシステムの開発の最も基本的なルールを強化し、SunoとUdioの露骨な侵害を終わらせるために必要だ」と付け加えた。

訴訟では、2つのサービスが原告の著作権で保護された音声録音を侵害したという宣言、将来的に両サービスが原告の著作権で保護された音声録音を侵害することを禁じる差し止め命令、すでに発生した侵害に対する損害賠償を求めている。

榎本編集長「高品質の音楽生成でクリエイターに人気のSunoとUdioがSME、UMG、WMGなどから千億円規模の提訴。先日、著名投資家などから追加出資が決まったばかりだった。音楽の生成でも著作権のある学習素材を技術的に判別できたのか、人的な証拠を確保したのか注目したい。」

オススメ