TuneCore Japan、オリジナルポッドキャスト番組「THE MAGAZINE talk」配信開始 インディペンデントアーティストの音楽活動に役立つ情報やトピックをトーク

ビジネス アプリ・サービス

THE MAGAZINE talk

音楽デジタルディストリビューションサービスTuneCore Japanは、運営するWebメディア「THE MAGAZINE」のオリジナルポッドキャスト番組「THE MAGAZINE talk」の配信を開始した。

TuneCore Japanは2012年のサービス開始当初から、代理店や外部のディストリビューションサービスを通すことなく各音楽配信ストア/音楽ストリーミングサービスそれぞれとダイレクトに連携しながら、利用アーティストへ収益還元を最大化できるよう本来の意味での100%収益還元のサービス提供に取り組み続け、先日にはアーティストへの還元総額が170億円に達している。

そのようにインディペンデントアーティストの音楽活動を支援し続けるTuneCore Japanは、運営するWebメディア「THE MAGAZINE」においてもインディペンデントアーティストをサポートするための情報を日々発信しており、今回ポッドキャストという音声コンテンツにおいても音楽活動に役立つ様々な情報を発信し、アーティストの支援を行っている。

ポッドキャスト番組「THE MAGAZINE talk」のナビゲーターは、音楽家に無料法律相談サービスを提供するMusic Lawyer Collective「Law and Theory」代表の水口瑛介弁護士(アーティファクト法律事務所)が担当。「Law and Theory」は「THE MAGAZINE」においても音楽にまつわる正しい法的知識の普及を目指した連載「アーティストのための法と理論 – Law and Theory for Artists」を執筆している。

番組では、水口弁護士とTHE MAGAZINEスタッフ、そしてゲストも迎えながら音楽活動に関するトピックや役に立つ情報などをトークするアーティストをエンパワーメントする内容となっている。

ローンチ時には#1から#4までの4エピソードを同時公開。#1では番組の紹介、#2ではナビゲーターの水口弁護士について、#3からは本編となり、音楽アーティストのデジタルプロモーション・マーケテイングを専業でサービス提供するarne代表の松島功氏をゲストに迎え、”ストリーミング時代の音楽デジタルプロモーション・マーケテイング” をテーマにトークを展開している。

なお、本番組は6月末から国内でも本格展開がスタートしているポッドキャスト作成ツールAnchor(アンカー)を通じて作成、配信。Spotify、Apple Podcasts、Google Podcastsなどの各プラットフォームで聞くことができる。

関連タグ

オススメ