ファン参加型 音楽活動支援アプリ「unitive」、ファンユーザー向け機能の提供を開始

ビジネス

ファン参加型 音楽活動支援アプリ「unitive」
ファン参加型 音楽活動支援アプリ「unitive」

ファン参加型 音楽活動支援アプリ「unitive」は、11月18日にファンユーザー向け機能の提供を開始した。
これにより、参加アーティストが個別に会員制のSNSを運用できるほか、有料メンバーの獲得や、動画・電子チケットの販売も可能になった。

unitiveのサービス機能は、アーティスト向けには電子チケット販売や有料会員制SNS運用機能、ファンユーザー向けにはアーティストのフォローや動画・チケットの購入機能があり、利用アーティストの安定的な収益の獲得をサポートする。

現在参加アーティスト数は70組を超えており、順次ページを公開していく。なお、現在期間限定のアーティスト無料登録を受け付けており、登録を行ったアーティストは、通常500円の月額利用料が永久に無料となる。

また、11月21日に開催されるunitiveリリース記念ライブイベント「Unite the night vol.0」の限定ライブ配信は、ファンユーザーの登録を行えば無料で視聴できる。

関連タグ

関連タグはありません