Amazon、2018年に最も売れた音楽は安室奈美恵「Finally」

ビジネス

Amazonは、販売データなどを元に集計した「Amazonランキング大賞 2018(年間)」を発表した(集計期間:2017年11月13日〜2018年10月31日)。

Amazonランキング大賞2018(年間)は、和書総合、ミュージック総合、Amazon Music Unlimitedの3部門で、2018年にメディアを賑わせたニュース、トレンドを象徴する書籍、楽曲がランクインする結果となった。

CD・レコード部門のランキングとなるミュージック総合では、今年9月に引退した安室奈美恵のベストアルバム「Finally」が1位に輝いた。同アルバムは通常盤が8位、ブルーレイディスク付きが15位にもランクインしている。

2位はTBS系ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」のイメージソングとして人気を集めた宇多田ヒカルの「初恋」が入った。3位は米津玄師のシングル「Lemon」、米津玄師は通算4枚目のオリジナルアルバム「BOOTLEG」も11位に入る結果となった。

続いてサザンオールスターズの「海のOh,Yeah!!」が4位、Mr.Childrenの最新アルバム「重力と呼吸」が5位と、「Amazonランキング大賞2018(上半期)」に引き続き国内アーティスト作品のランクインが目立つ結果となった。

また、今年ロングランヒットした映画『グレイテスト・ショーマン』の作中ミュージカル曲を網羅したサウンドトラックが6位をマーク。アニメ・ゲームからは「ラブライブ! サンシャイン!! Aqours 4th LoveLive!」テーマソング「Thank you, FRIENDS!!」が13位にランクインを果たす結果となった。

Amazon Music Unlimitedは、視聴された楽曲の再生数によりランキングを算出。2018年6月にリリース、“ダサかっこいい”と話題となり2018年の大ヒット曲となった DA PUMP「U.S.A.」が1位を獲得した。

また、映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』主題歌のDAOKO×米津玄師「打上花火」もロングヒットとなり2位を獲得している。3〜20位には、宇多田ヒカル、ONE OK ROCK、サカナクション、Mr.Childrenの人気楽曲もそれぞれランクインする結果となった。

関連タグ