Billboard JAPAN グローバル・ジャパン・ソングス(6/20公開)、XG「WOKE UP」首位3週目に突入

チャート ビルボード

XG「WOKE UP」

世界でヒットしている日本の楽曲をランキング化した “Global Japan Songs Excl. Japan”。今週はXG「WOKE UP」が首位を獲得した(集計期間:2024年6月7日~6月13日)。

「WOKE UP」は、XGが5月21日にリリースした自身初のオールラップソング。今週のオーディオとビデオを合算したストリーミング数は937.8万回を記録し、3週連続で首位をキープした。また国別チャートでは、アメリカ、ブラジル、イギリス、南アフリカ、シンガポールで2週連続1位を獲得した。

2位のCreepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」は、合算ストリーミング数683万回を記録。3位のYOASOBI「アイドル」は前週比100%をマークし、安定したペースを維持している。また7位の米津玄師「KICK BACK」は、前週比106.5%となる287.7万回再生を記録した。

トップ20圏外では、こっちのけんと「はいよろこんで」が前週比160.2%を記録し急上昇中。こっちのけんとは、楽曲制作や映像制作、デザインなど幅広い分野で活動するマルチクリエイター。本楽曲は5月27日にリリースされた楽曲で、国別で発表している9か国のうちアメリカ、イギリスでトップ20入り間近となっている。

Global Japan Songs Excl. Japan トップ10

1位「WOKE UP」XG
2位「Bling-Bang-Bang-Born」Creepy Nuts
3位「アイドル」YOASOBI
4位「NIGHT DANCER」imase
5位「SPECIALZ」King Gnu
6位「死ぬのがいいわ」藤井 風
7位「KICK BACK」米津玄師
8位「青のすみか」キタニタツヤ
9位「TOKYO DRIFT(FAST & FURIOUS)」TERIYAKI BOYZ
10位「真夜中のドア~stay with me」松原みき

※日本の楽曲を対象に、Luminate Data LLCが集計した、日本を除く(excluding)世界200以上の国々における主要デジタル・プラットフォームの定額課金型(サブスクリプション)と広告支援型の公式ストリーミング、ダウンロードにそれぞれ比重をつけて算出し、ランク付けしたチャート。

関連タグ

関連タグはありません

オススメ