Billboard JAPAN Hot Animation(6/19公開)、Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」21連覇 史上最長連覇記録タイ達成

チャート ビルボード

Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」

2024年6月19日公開(集計期間:2024年6月10日~6月16日)のBillboard JAPANアニメチャート“JAPAN Hot Animation”で、TVアニメ「マッシュル-MASHLE-」第2期「神覚者候補選抜試験編」オープニング・テーマのCreepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」が1位を獲得した。

当週も、ストリーミング、ラジオ、動画再生、カラオケ指標での1位をキープしたほか、ダウンロードが5週ぶりに2位→1位へ返り咲き。引き続き首位継続でアニメ21連覇を達成し、ついに当チャート史上最長の連覇記録に到達した。なお、この記録はTVアニメ「チェンソーマン」オープニング・テーマの米津玄師「KICK BACK」およびTVアニメ「【推しの子】」オープニング主題歌のYOASOBI「アイドル」と並んでおり、もし次週以降も首位を継続できれば、「Bling-Bang-Bang-Born」が単独首位へ躍り出る形となる。

とはいえ、2位のMrs. GREEN APPLE「ライラック」(TVアニメ「忘却バッテリー」オープニング・テーマ)も当週さらに獲得ポイントを増加させており、「Bling-Bang-Bang-Born」との差を徐々に詰めている状況だ。「ライラック」は、本日6月19日公開チャートにてストリーミングの累計再生数が自身最速で1億回に到達したが、その勢いを表すように、前週からストリーミングでの獲得ポイントもふたたび増加に転じ、これが総獲得ポイントの増加を牽引している。こちらの勢いにも引き続き注目だ。

また当週のトップ10では、「ライラック」に加え、YOASOBI「アイドル」とTVアニメ「呪術廻戦」「渋谷事変」オープニング・テーマのKing Gnu「SPECIALZ」が、前週よりもポイントを伸ばし順位を上げている。どちらも当チャート登場週数が40を超えるロングヒット作だが、今回ポイントを増加させたのはどちらもラジオ指標(なかでも「SPECIALZ」は、当週がじつに11週ぶりのラジオ指標加算となった)。現在のトップ10がかなり僅差で競り合っている状況であり、その中でラジオ指標の影響の大きさがうかがえる結果となった。

【JAPAN Hot Animation】トップ10

1位「Bling-Bang-Bang-Born」Creepy Nuts
2位「ライラック」Mrs. GREEN APPLE
3位「アイドル」YOASOBI
4位「タイムパラドックス」Vaundy
5位「夢幻」MY FIRST STORY × HYDE
6位「オレンジ」SPYAIR
7位「相思相愛」aiko
8位「晴る」ヨルシカ
9位「SPECIALZ」King Gnu
10位「勇者」YOASOBI

関連タグ

関連タグはありません

オススメ