B’z、25年ぶりのシリーズ最新作「FRIENDS III」を12/8発売

アーティスト

B'z

B’zが、新たに「B’z presents LIVE FRIENDS」の始動を先日発表。その発表と同時にアナウンスされたコンセプト・アルバム「FRIENDS III」の詳細が決定した。

12月8日に発売が決定した「FRIENDS III」は、1992年に発表したB’z 初のコンセプト・アルバム「FRIENDS」、1996年リリースの「FRIENDS II」から数えて25年ぶりのシリーズ最新作。

今作は、これまでのシリーズを通してテーマとなっている映画のサウンドトラックのような普遍性を保ちながら、冬の心象風景をさらに多彩なサウンドでドラマチックに仕上げた全7曲を収録。メロウで温かみのある松本のギターが全編を彩る中、それぞれの楽曲のストーリー性を意識したという稲葉の歌詞が、何気ない日常の中で揺れ動く主人公の気持ちを巧みに切り取り、それらを美しい音色のストリングスや大胆なブラスセクションが包み、聴く者の情感に波打つように押し寄せてくる作風だ。

さらに、シリーズの始まりとなったアルバム「FRIENDS」に収録されている、名曲「いつかのメリークリスマス」を新たにレコーディングした音源を使用し、今作のために撮り下ろしたミュージックビデオ「いつかのメリークリスマス 〜FRIENDS III edit〜」を初回限定盤の特典DVDに収録。また、「B’z presents LIVE FRIENDS」と連動した、LIVE FRIENDS盤もリリースする。

特典にオリジナルのロックグラスを付属したこちらは、有観客公演のチケット及び、配信ライブチケットの購入者のみが購入できる限定盤となっており、B’z Club-Gymのみで受付・販売される。

関連タグ

オススメ