英語ネイティブの5人組こどもユニット・Foorin team E結成、米津玄師プロデュース「パプリカ」の英語詞「Paprika」が誕生

アーティスト

Foorin team E Photo by Takako Noel
Foorin team E Photo by Takako Noel

新たにオーディションによって英語ネイティブの5人組こどもユニット・Foorin team Eが結成され、米津玄師プロデュース「パプリカ」の英語詞となる「Paprika」が誕生した。

Foorinによる「パプリカ」の歌とダンスは、2018年に発表して以来、Eテレの番組コラボレーションをはじめ、全国各地のイベントで、日本中の子どもたちに楽しまれており、今最も人気のあるキッズソングとして、大きな“現象”となっている。

さらに、今年8月には、作詞・作曲・プロデュースを担当した、米津玄師がセルフカバーを発表したことにより、世代を超えて一気に広がりを見せた。

海外からも大きな反響が届くなか、一緒に「パプリカ」を歌い踊ることで、「日本のこども達から、世界のこども達へ、大きな輪をひろげていきたい」という思いから、今回英語バージョンが制作された。

Foorin team Eによる「Paprika」の初披露は、11月19日NHKホールにて開催される「ABUテレビソングフェスティバル in TOKYO」に決定。さらに「第70回紅白歌合戦」にFoorinと共に初出場が決定している。

関連タグ