BE:FIRST X ATEEZコラボで1位/Chevon“楽曲力”波及の2位/サザン3位死守/ドリカム“記念日認定”以来最多OA【エアモニ】

チャート プランテック

プランテック

2024年7月10日発表のラジオ・オンエア・チャート(集計期間:2024年7月1日〜7月7日プランテック調べ)では、BE:FIRST X ATEEZ「Hush-Hush」が1位を獲得した。

7人組ダンス&ボーカルグループ・BE:FIRSTと、韓国の8人組ボーイズグループ・ATEEZのコラボによる同曲は、7月1日の配信リリースと同時にオンエアが開始されると、今週一週間を通じて調査対象の77.4%となるステーションでオンエアを獲得。帯放送のコーナー/番組など定期枠を中心に大量のオンエアを積み上げ、初登場首位を成した。

それぞれ大きなファンダムを持つ日韓の人気アーティストとあり、高い注目度だったことは言わずもがな。全国広範囲におよぶ多数のステーションでリクエストオンエアが確認された点からも、その人気・注目度の高さがうかがえる。リクエストオンエア数は今週2番目の多さとなった。

2位はChevon「冥冥」が初登場した。北海道札幌を中心に活動する平均年齢23歳の新鋭スリーピースバンドが、7月3日にリリースした同曲。FM NACK5、FM FUJI、Kiss FM、α-STATION、e-radio、cross fm、Date fm、FM-NIIGATAなど、全国範囲で広く月間パワープレイに選出されていることから、大量オンエアを獲得しての上位スタートだ。

オンエアを獲得したステーションは全体の41.9%で、オンエア総数のおよそ半数をKiss FMとcross fmで占めるなど、現状は局地的な大量オンエアだ。しかしながら、注目すべきはそのリクエストオンエアの数で、パワープレイ選出局では初週にしてすでに安定多数を獲得していることから、楽曲自体の魅力が大量オンエアによりいっきに広まったものと推測される。次週以降、他局へどこまでオンエアが波及していくか注目したい。

3位はサザンオールスターズ「恋のブギウギナイト」が前週1位からダウンした。デビュー記念日の6月25日に配信リリースされた同曲。前週チャートで圧倒的なオンエア数および全局オンエアを獲得しての圧勝だったが、今週も冷めやらぬ注目度で調査対象の93.5%、および全てのFMステーションでオンエアを獲得。引き続き最も広い範囲で注目された曲となった。

ドリカム“記念日認定”以来最多のオンエア数へ、七夕ソングが今年も伸長

7日に七夕の日を迎えた今週、関連ソングのオンエアが今年も伸長しチャートを賑わせるなか、特に、最も象徴的なDREAMS COME TRUE「7月7日、晴れ」は、これまでにない伸長を見せ9位に再登場。8年ぶりのTOP10入りを果たした。

これは、7月7日が日本記念日協会により“ドリカムの日”に認定された2016年以来、最多となるオンエア数であり、昨年比ではおよそ50%増といったものだ。当日、久しぶりに全国範囲で良い天気に恵まれた事もオンエア増の大きな要因となったことだろう。FM/AM問わず全国範囲で確認されたリクエストオンエア数は、新曲群もふくめ今週最多だったことも特筆したい。

なお、毎年七夕を盛り上げてくれるのは同曲のみならず、今年も以下の邦洋名曲群がチャートに再登場し、夜空を見上げるきっかけを与えてくれた。

シンプリー・レッド「スターズ」(39位)、福耳「星のかけらを探しに行こう Again」(42位)、スピッツ「涙がキラリ☆」(71位)、コールドプレイ「ア・スカイ・フル・オブ・スターズ」(82位)、BUMP OF CHICKEN「天体観測」(96位)、-「ピノキオ」サントラ-「星に願いを」(136位)、Skoop「Amanogawa」(136位)、大塚 愛「プラネタリウム」(151位)、Chappie「七夕の夜、君に逢いたい」(164位)、THE ALFEE「星空のディスタンス」(164位)、SEKAI NO OWARI「スターライトパレード」(185位)、デビッド・ボウイ「スターマン」(185位)、桑田 佳祐「ベガ」(185位)

RADIO ON AIR DATA

(集計期間:2024年7月1日〜7月7日)

1位「Hush-Hush」BE:FIRST X ATEEZ
2位「冥冥」Chevon
3位「恋のブギウギナイト」サザンオールスターズ
4位「フィールズライクアイムフォーリングインラヴ」コールドプレイ
5位「Supernatural」NewJeans
6位「くじら」菅田 将暉
7位「Sharon」Official髭男dism
7位「一日花 feat.imase & 習志野高校吹奏楽部」東京スカパラダイスオーケストラ
9位「7月7日,晴れ」DREAMS COME TRUE
10位「ふたりのBGM feat. 土岐麻子」GOOD BYE APRIL

ラジオ・オンエアモニタリング(エアモニ)・ランキング

調査基準:本ランキングは調査対象局において下記条件を満たすオンエアのあった楽曲を集計。
・1曲につきワンコーラス以上、もしくは連続して60秒以上のオンエアがあること。
・BGMでないオンエアであること。

関連タグ

関連タグはありません

オススメ