Billboard JAPAN 2020年上半期HOT Animation、LiSA「紅蓮華」が「鬼滅の刃」ブームで堂々1位

チャート ビルボード

LiSA「紅蓮華」
LiSA「紅蓮華」

2020年上半期Billboard JAPAN総合アニメソング・チャート“HOT Animation”で、TVアニメ「鬼滅の刃」のオープニング曲であるLiSAの「紅蓮華」が1位に輝いた。

ラジオ、ダウンロード、ストリーミング、カラオケ、PC等によるCD読み取り数のルックアップで1位を記録した「紅蓮華」は、年末年始の音楽番組の出演、そして「鬼滅の刃」の人気拡大により、集計期間中に9週連続首位を記録し、アニメチャート連続首位記録歴代2位を獲得した。「鬼滅」ブームは治まる気配はなく、10月公開の『劇場版『鬼滅の刃』無限列車編』へ注目が集まっていることから、下半期も好調なアクションが期待できる。

2位にOfficial髭男dismの「イエスタデイ」(映画『HELLO WORLD』主題歌)、3位にMrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」(TVアニメ「炎炎ノ消防隊」オープニング曲)、4位にあいみょんの「ハルノヒ」(『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』主題歌)、そして5位にあいみょんの「ハルノヒ」(映画『空の青さを知る人よ』主題歌)と、トップ5はリリースから半年以上が経ちながら、現在も主にデジタル指標で人気を集める楽曲が並んだ。

『映画ドラえもんのび太の新恐竜』の主題歌で、3月にリリースされたMr.Childrenの「Birthday」は、CDセールスとルックアップで2位を記録し、主にフィジカルのポイントが大きく牽引して上半期は7位にチャートイン。また4月22日に配信されたばかりのヨルシカの新曲「花に亡霊」(映画『泣きたい私は猫をかぶる』主題歌)は、CD発売されていないため、フィジカル・ポイントがないなか、ラジオ2位、ストリーミング9位と奮闘して、10位に入り込んだ。両曲とも、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、映画の劇場公開が延期となってしまったが(「泣きたい私は猫をかぶる」はNetflixで6月中旬より全世界配信が決定)、映画公開に向けた今後の動きによって、さらに躍進する可能性も大いにある。

LiSA コメント

テレビアニメ「鬼滅の刃」放送から、そして「紅蓮華」配信リリースから一年が経ちました。作品と共に長く沢山の方に愛され、とても嬉しいです。
傷だらけでも強く生きられると見せ続けてくれる炭治郎たちや、強くなりたいと願う皆様の心に、紅蓮華が咲き誇りつづけますように。
ありがとうございます。

【2020年上半期JAPAN HOT Animation】トップ10

1位「紅蓮華」LiSA
2位「イエスタデイ」Official髭男dism
3位「インフェルノ」Mrs. GREEN APPLE
4位「ハルノヒ」あいみょん
5位「空の青さを知る人よ」あいみょん
6位「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」松たか子 feat. オーロラ
7位「Birthday」Mr.Children
8位「打上花火」DAOKO × 米津玄師
9位「Ray of Light」ジェジュン
10位「花に亡霊」ヨルシカ

集計期間:2019年11月25日~2020年5月24日

関連タグ

関連タグはありません

オススメ