Billboard JAPAN【先ヨミ・デジタル】「ヒプノシスマイク」オオサカ・ディビジョン新作がダウンロードAL首位走行中 安全地帯ベストが急浮上

チャート ビルボード

どついたれ本舗「あゝオオサカdreamin'night」
どついたれ本舗「あゝオオサカdreamin'night」

GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年10月28日〜10月30日の集計が明らかとなり、どついたれ本舗「あゝオオサカdreamin’night」が6,297DLで首位を走っている。

本作は、男性声優18人による音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」シリーズの最新作。9月に大阪・大阪城ホールで行われたライブにて発表されたオオサカ・ディビジョン=どついたれ本舗の初作品となる。表題曲「あゝオオサカdreamin’night」は、Creepy Nutsが作詞作曲を手掛けている。

2位は、ずっと真夜中でいいのに。「潜潜話」。1stフルアルバムとなる今作には、YouTubeでのMV再生回数が3,400万回を超えた「秒針を噛む」など計13曲が収録されている。また、11月4日付チャート(集計期間:2019年10月21日〜10月27日)で首位を獲得したWANIMA「COMINATCHA!!」は、リリース2週目前半も730DLを記録し4位に。累計ダウンロード数は、5,400DLを超えた。

今週リリースの新作では、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「THE RIOT」が8位にチャートイン。10位の「「キャロル&チューズデイ」VOCAL COLLECTION Vol.2」には、yahyel、cero、banvox、スティーヴ・アオキ、ジャスティン・ヤング(ザ・ヴァクシーンズ/ハロウィンズ)ら、国内外の豪華制作陣が多数参加している。

また、安全地帯が2017年にリリースしたオールタイムベストが、同作初のトップ10を走行中。10月26日に玉置浩二が「SONGS」に出演し、本作に収録されている「オレンジ」を披露したほか、過去の安全地帯のライブや今年開催された玉置とオーケストラとのコンサートの模様がオンエアされた影響か、前週19位から現在7位にジャンプアップを果たした。

Billboard JAPANダウンロード・アルバム集計速報

(2019年10月28日〜10月30日の集計)
1位「あゝオオサカdreamin’night」どついたれ本舗
2位「潜潜話」ずっと真夜中でいいのに。
3位「Traveler」Official髭男dism
4位「COMINATCHA!!」WANIMA
5位「Same Thing」星野源
6位「木梨ファンク〜NORI NORI NO-RI〜」木梨憲武
7位「ALL TIME BEST」安全地帯
8位「THE RIOT」THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
9位「見っけ」スピッツ
10位「「キャロル&チューズデイ」VOCAL COLLECTION Vol.2」

※Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成。先ヨミ時点の集計はGfK Japanのデータによる推定値となる。

関連タグ