Billboard JAPAN【先ヨミ・デジタル】星野源の新EP「Same Thing」が27,168DLでアルバム首位独走中 関ジャム効果でスピッツベストがトップ10浮上

チャート ビルボード

星野源「Same Thing」
星野源「Same Thing」

GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年10月14日〜10月16日の集計が明らかとなり、星野源の新EP「Same Thing」が27,168DLで首位を走っている。

「Same Thing」は、星野源にとって初となるEP作品。スーパーオーガーニズム、PUNPEE、トム・ミッシュら、国内外の注目ミュージシャンが多数参加している。本作は初動3日間で27,168DLを記録しており、2019年リリース作品では、ONE OK ROCK「Eye of the Storm」に次ぐセールスとなっている。なお、2017年10月のダウンロード・アルバム・チャート集計開始以降、リリース初週で20,000DLを超えたアルバムは、米津玄師「BOOTLEG」、宇多田ヒカル「初恋」、星野源「POP VIRUS」「Eye of the Storm」の4作品のみ。星野源は、自身2作目の初週20,000DL超え達成となる。

昨日発表したCDアルバム・セールス速報で1位を走行中の東方神起「XV」は、ダウンロードでも初動3日間で1,683DLを記録し4位に。同速報で2位を走るまふまふ「神楽色アーティファクト」は、ダウンロード・チャートでは現在6位についている。そのほか今週リリースの新作では、ポルカドットスティングレイ「ハイパークラクション」が7位、人気メディアミックス・プロジェクト「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」シリーズの最新作が10位にチャートインしている。

さらに、スピッツのベストアルバム「CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection」が、前週32位から8位に大幅ジャンプアップ。本作と同時発売の「CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection」は13位、その続編となる「CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection」は31位にチャートインしている。10月9日に新アルバム「見っけ」をリリースしたスピッツは、13日に「関ジャム 完全燃SHOW」にてスピッツ特集がオンエア、さらに14日には「SONGS」に出演するなど、メディア露出が増加。それに伴い、過去作を掘り返すリスナーが急増したことが窺える。特に「関ジャム」では、川谷絵音、杉山勝彦がスピッツ楽曲を解説し、Twitterでもトレンド入りを果たすなど大きな盛り上がりを見せた。

Billboard JAPANダウンロード・アルバム集計速報

(2019年10月14日〜10月16日の集計)
1位「Same Thing」星野源
2位「Traveler」Official髭男dism
3位「見っけ」スピッツ
4位「XV」東方神起
5位「METAL GALAXY」BABYMETAL
6位「神楽色アーティファクト」まふまふ
7位「ハイパークラクション」ポルカドットスティングレイ
8位「CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection」スピッツ
9位「A Complete – All Singles」浜崎あゆみ
10位「「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」レヴューアルバム「ラ・レヴュー・エターナル」」

※Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成。先ヨミ時点の集計はGfK Japanのデータによる推定値となる。

関連タグ