Billboard JAPAN【先ヨミ】東方神起「XV」が13万枚でアルバム首位走行中 まふまふ/BLACKPINKの新譜がトップ5入り

チャート ビルボード

東方神起「XV」
東方神起「XV」

今週のCDアルバム売上レポートから2019年10月14日~10月16日の集計が明らかとなり、東方神起「XV」が134,262枚を売り上げて首位を走っている。

「XV」は、東方神起の日本デビュー15周年記念アルバム。最新シングル「Hot Hot Hot」のほか、新録曲12曲を含む全15曲が収録されている。本作は初動3日間で134,262枚を売り上げており、2018年9月にリリースされた前アルバム「TOMORROW」の週間売上124,783枚を早くも上回るセールスを見せている。

その後を追うのが、2020年3月に東京ドーム公演を控えるまふまふの最新作「神楽色アーティファクト」。前アルバム「明日色ワールドエンド」より約2年ぶりのリリースとなる今作は、アニメ「かつて神だった獣たちへ」OP「サクリファイス」や、「少年ジャンマガ学園」公式テーマソング「拝啓、桜舞い散るこの日に」など、全20曲入りの大ボリュームなアルバムとなっている。

3位と4位には、リリース2週目を迎えたOfficial髭男dism「Traveler」、スピッツ「見っけ」が並んでチャートイン。累計売上枚数は「Traveler」が9.8万枚、「見っけ」が8.8万枚と、それぞれ10万枚の大台を目前としている。続いて、BLACKPINK「KILL THIS LOVE -JP Ver.-」が7,703枚を売り上げ速報トップ5入り。同作は、2019年4月にリリースした最新アルバムの日本盤で、リードトラック「Kill This Love」をはじめとする既存曲の日本語バージョンとそのオリジナルバージョンが収録されている。

明日18日には、Official髭男dism、スピッツ、BLACKPINKが「ミュージックステーション」3時間SPに出演予定。オンエア後の反響がCDセールスにも現れるのか、来週発表する週間チャートの結果にも注目だ。

Billboard JAPANアルバム・セールス集計速報

(集計期間:2019年10月14日~10月16日)
1位「XV」東方神起(134,262枚)
2位「神楽色アーティファクト」まふまふ(94,940枚)
3位「Traveler」Official髭男dism(12,156枚)
4位「見っけ」スピッツ(10,824枚)
5位「KILL THIS LOVE -JP Ver.-」BLACKPINK(7,703枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用。

関連タグ