AWAユーザーが選ぶ、令和元年にもっとも聴いた曲はOfficial髭男dismの「Pretender」

チャート AWA

AWAユーザーが選ぶ!令和元年にもっとも聴いた曲
AWAユーザーが選ぶ!令和元年にもっとも聴いた曲

サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス・AWA(アワ)は、2019年11月9日から11月17日までに、「今年もっとも聴いた楽曲」をテーマにユーザーが作成したプレイリストの採用楽曲を集計し、ユーザーが令和元年にもっとも聴いた曲のTOP5を発表した。AWAユーザーが選ぶ!令和元年にもっとも聴いた曲

AWAユーザーが選ぶ!令和元年にもっとも聴いた曲TOP5

見事1位に輝いたのは、令和元年に大ブレイクを果たしたアーティストOfficial髭男dismの「Pretender」となった。5月に公開された映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』の主題歌に起用され、同映画のヒットと共に一気にチャートを駆け上がり、その後も年間を通してロングヒットを記録。また、4位にも北村匠海、松坂桃李、浜辺美波などの豪華俳優陣が声優を務めた、劇場アニメ「HELLO WORLD」主題歌「イエスタデイ」がランクインしている。

2位には、AWAが7月に発表した令和にさらに活躍しそうな「ブレイクアーティストランキング」で、1位に輝いた新時代を彩る鬼才集団King Gnuの「白日」がランクイン。

3位には、年末の「第70回NHK紅白歌合戦」に初出場が決定、米津玄師が作詞・作曲し、プロデュースを手がけたこどもユニットFoorinの「パプリカ」が入った。本作は、2018年8月にリリースされた楽曲ながら、NHK「みんなのうた」でヘビーローテーションされ、徐々にお茶の間に浸透していき、リリースから1年を経て入賞となった。

5位は、洋楽からShawn MendesがFifth Harmonyの元メンバーCamila Cabelloとコラボレーションした「Señorita」がランクイン。この続きは、プレイリストに選曲された上位30曲を集めたAWA公式アカウントのプレイリストで楽しもう。

さらに、12月上旬には、ユーザーから大好評の特設サイト「GET YOUR TREND 2019」の公開も決定した。本サイトは、2019年にAWAで自分が一番聴いた楽曲やジャンル、アーティストなどの分析ができ、1年間の自分が聴いてきた音楽履歴を確認することができる。

AWAユーザーが選ぶ!令和元年にもっとも聴いた曲

01. Pretender / Official髭男dism
02. 白日/ King Gnu
03. パプリカ / Foorin
04. イエスタデイ / Official髭男dism
05. Señorita / Shawn Mendes/Camila Cabello
06. bad guy / Billie Eilish
07. ハルノヒ / あいみょん
08. まちがいさがし / 菅田 将暉
09. 優しいあの子 / スピッツ
10. 宿命 / Official髭男dism
11. THE GIFT / 平井 大
12. 真夏の夜の匂いがする/ あいみょん
13. If I Can’t Have You / Shawn Mendes
14. マリーゴールド / あいみょん
15. 10,000 Hours / Dan + Shay/Justin Bieber
16. 飛行艇 / King Gnu
17. 傘 / King Gnu
18. Stand By You / Official髭男dism
19. クリスマスソング / back number
20. 蜜の月-for the film- / SEKAI NO OWARI
21. ロマンチシズム / Mrs. GREEN APPLE
22. Here With Me / マシュメロ/チャーチズ
23. SOS feat. Aloe Blacc / Avicii
24. I Don’t Care / Ed Sheeran/Justin Bieber
25. リボン feat.桜井和寿(Mr.Children)/ 東京スカパラダイスオーケストラ
26. Aurora / BUMP OF CHICKEN
27. us / milet
28. 空の青さを知る人よ / あいみょん
29. 紅蓮華 / LiSA
30. Rat-tat-tat / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

関連タグ

関連タグはありません