高野修平

2018年1月15日 12:00

トライバルメディアハウス Modern Age/モダンエイジが「JAL、宇多田ヒカルの事例から学ぶ“生き続けるブランディング”」セミナーを開催

12月12日、渋谷にてトライバルメディアハウスのエンターテインメントマーケティングレーベル Modern Age/モダンエイジ主催のセミナー「Modern Age Marketing TOUR 2017“音楽・エンターテインメントで企業をデザインする”ブランド戦略- JAL、宇多田ヒカルの事例から学ぶ “生き続けるブランディング” の正体 -」が開催された。
2015年7月14日 19:45

音楽サブスクリプションサービスを発展させる3つのコンテクストプレイリストとは?

ついにApple Musicがスタートしました。AWA、LINE MUSIC、KKBOX、うたパス、レコチョクBestと役者は揃いつつある中で、さらにYouTube Music KeyやSpotifyが控えている状況となり、いよいよ音楽サブスクリプションサービスが仲間ゴト、もしくは業界ゴトを超えて世の中ゴト化へと変異するタイミングが来たと言えるかもしれません。
2014年10月14日 19:00

U2とトム・ヨークから考える音楽マーケティング2.0

先日、U2がアップルと実施したニューアルバム「Songs of Innocence」の無料配信とトム・ヨークが突如トム・ヨークとBitTorrentoの連携したニューアルバム「Tomorrow’s Modern Boxes」はそれぞれ真逆の方法論でありながら、ともにテクノロジーを活用した音楽配信です。
2014年5月9日 4:00

「アナと雪の女王」が成功をおさめた音楽マーケティング戦略の秘密

ディズニー映画「アナと雪の女王」の勢いが止まりません。興行収入は120億円を超え、動員数は1000万以上の人が映画館に足を運んでいます。加えてサントラや「Let It Go」も大きく売上を伸ばしています。
2014年4月11日 2:30

新時代の音楽マーケティング論、高野修平氏の新著「始まりを告げる《世界標準》音楽マーケティング」登場

4月18日(金)発売の書籍のタイトルは 始まりを告げる《世界標準》音楽マーケティング -戦略PRとソーシャルメディアでムーヴメントを生み出す新しい方法-