ヤマハ、日本国内におけるAmpeg製品の取り扱いを10月より開始

2019年9月9日 17:47
ヤマハ、日本国内におけるAmpeg製品の取り扱いを10月より開始

ヤマハミュージックジャパンは、ヤマハのギター事業子会社であるYamaha Guitar Group, Inc.が所有するベースアンプブランドAmpeg(アンペグ)製品の日本国内における販売及び修理・サポート業務を10月1日から開始する。

Ampegは、1946年に楽器用アンプメーカーとして創業し、1960年代には世界初のリバーブ内蔵アンプや、当時としては最高出力のアンプを開発するなど、革新的でユニークな製品を音楽業界に送り出し、現在に至るまで世界中の多くのミュージシャンから支持され続けている米国のベースアンプブランド。

ヤマハミュージックジャパンは、このたびのAmpegブランド製品の取り扱い開始により、ベースギター本体から出力までをカバーする一貫したソリューションを提供する。