平井大“ドラえもん”主題歌が1位、back number“はじこい”主題歌が最多リクエストで2位、セカオワ同発2ALから6曲イン【エアモニ】

2019年3月6日 13:07

今週、2019年3月6日発表のラジオ・オンエアチャート(集計期間:2019年2月25日〜3月3日プランテック調べ)では、平井 大「THE GIFT」が首位を獲得。先週22位から一気に上りつめた。

27日のシングルリリース、および主題歌を務める『映画ドラえもんのび太の月面探査記』の3月1日公開に合わせてオンエア数が急伸したかっこうだ。同曲が流れる映画のTVスポットCMも今週、テレビ朝日、日本テレビの朝昼を中心に多くみられ、広範囲で聴かれたであろう。

また、楽曲自体もFMライクなアーバンサウンドにちょっぴり切ないメロディが印象的な秀曲で、映画の内容とともにラジオに良くマッチする。長期的なオンエアで楽曲自体の魅力もより広く訴求されていくことを願いたい。

2位はback numberの27日リリースのシングル「HAPPY BIRTHDAY」が先週9位からの浮上。リリース週を受けてのオンエア急伸ながら、リクエスト数が今週ダントツの最多であることも見逃せない。アーティスト自体のパワーは言うまでもないが、主題歌となるドラマ「初めて恋をした日に読む話」の盛り上がり効果もあるだろう。

これまでもドラマの注目度に応じ、関連曲へのリクエスト数が比例する傾向にあるため、今期ドラマがクライマックスを迎える次週以降、同曲含めた関連曲への反応にも注目したい。

3位はSEKAI NO OWARI「LOVE SONG」が先週7位からの上昇。こちらも上位2曲と同様、リリース週を受けての結果だ。2枚同時リリースで話題のアルバム「Eye」「Lip」より、こちらは“ダークサイド”である「Eye」収録の新曲。一方、ポップな曲を集めた「Lip」からは「YOKOHAMA blues」が12位(先週76位)に入るなど、オンエアが分かれながらも上位にチャートインしている点はさすが。

この他、TOP200圏内には「スターゲイザー」(75位)、「RAIN」(113位)、「Monsoon Night」(197位)、「蜜の月」(197位)と、計6曲がチャートインした。
 

「第91回アカデミー賞」関連曲のオンエア急伸、パフォーマンスされた曲は上位に


日本時間2月25日、「第91回アカデミー賞」の授賞式が米ロサンゼルスで行われ、音楽を前面に出した映画が多かったこともあり、式中でのパフォーマンス曲を中心とする関連曲のオンエアが急伸した。

最上位だったのは、歌曲賞にも輝いたレディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー「シャロウ〜「アリー/ スター誕生」愛のうた」で、先週43位から一気に9位まで浮上。AM局もふくめ調査対象の9割以上のステーションでオンエアされる注目度だった。

また、主演男優賞ふくむ4部門を獲得した「ボヘミアン・ラプソディ」からは計5曲がチャートイン。アダム・ランバートをフィーチャーしたパフォーマンスで式典の幕開けを飾った「ウィ・ウィル・ロック・ユー」(69位)、「伝説のチャンピオン」(83位)ほか、劇中でも特に印象的だった名曲群「ボヘミアン・ラプソディ」(38位)、「レディオ・ガ・ガ」(81位)、「ドント・ストップ・ミー・ナウ」(122位)のオンエアが急伸した。
 

RADIO ON AIR DATA

(集計期間:2019年2月25日〜3月3日)
1.THE GIFT / 平井 大
2.HAPPY BIRTHDAY / back number
3.LOVE SONG / SEKAI NO OWARI
4.僕らまだアンダーグラウンド / Eve
5.白日/ King Gnu
6.#film / 吉田 凜音
7.Wasted Nights / ONE OK ROCK
8.ホワット・ドゥ・ユー・ミーン? / ジャスティン・ビーバー
9.シャロウ〜「アリー/ スター誕生」愛のうた / レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー
10.Koi / androp

ラジオ・オンエアモニタリング(エアモニ)・ランキング
調査基準:本ランキングは調査対象局において下記条件を満たすオンエアのあった楽曲を集計。
・1曲につきワンコーラス以上、もしくは連続して60秒以上のオンエアがあること。
・BGMでないオンエアであること。