名古屋新栄のライブハウス・アポロベイス、ビル老朽化により来年3月閉店

ビジネス

名古屋新栄・アポロベイス

名古屋でライブハウスDIAMOND HALL、APOLLO BASEの運営を行なっているエスフラッグプロモーションは、名古屋新栄・アポロベイスが2022年3月27日をもって閉店することを発表した。

日頃はアポロベイスをご愛顧いただきありがとうございます。

この度アポロベイスは2022年3月27日を持ちまして閉店する運びとなりました。

元々80年代初頭からR&Bを聴かせるライブハウスとして営業していたお店を、
現在の営業内容に変更して受け継いだのは 2000年4月のことでした。
その後2015年にアポロベイスへの改名を経て、現在に至っております。

アポロベイスの入っている雲竜フレックスビル東館は1969年竣工、築52年を迎え、
数年前からこの老朽化したビルの地下でのライブハウス営業の継続、その将来を描くことが困難になっておりました。
ライブハウスというもの、それは設備だけでは無いのですが、常に進化、成長が必要であると考えております。
しかし、それに順応することは、この老朽化したビルでは様々な制限、障害がある為、不可能であると判断し、
テナント契約の満了するこの機会に閉店をする決断を下しました。

20年以上の長きにわたりお客様、出演者、スタッフ、関係者の皆様の温かいご支援の中、
営業してこられましたことを厚くお礼を申し上げます。

今後はダイアモンドホール、グループ会社のSPADE BOX、HeartLandの3店が営業する雲竜フレックスビル西館において、
3店の協力体制をもって更なる強化を図ってまいりますが、またいつか、どこかでアポロベイスを復活させる夢を持ち続けて頑張っていきます。

今のアポロベイスに残された期間は約1年、制約の多い中での厳しい最後の1年となってしまいますが、
それも楽しみながらも、これまで培った経験を発揮し、華々しい最期を迎えられるようにまい進する所存でございますので、
引き続きのご支援、何卒よろしくお願い申し上げます。

関連タグ

関連タグはありません

オススメ