インプレスR&D×メディアドゥのコラボによるAmazon POD(紙書籍)の個人出版大賞「ネクパブPODアワード2022」応募受付開始!賞金総額200万円!〜1/13締切!

オーディション

インプレスグループで電子出版事業を手がけるインプレスR&Dは、AmazonのPOD(プリント・オンデマンド)を活用した個人向け出版販売支援サービス「ネクパブ・オーサーズプレス」を利用した紙書籍の出版者を対象に、今回で5回目となる個人出版大賞、賞金総額200万円の「ネクパブPODアワード2022」を開催します。

「ネクパブPODアワード2022」は、出版内容、革新性、作品に込めたメッセージ、オンデマンド出版ならではの活用方法など、優れた出版活動を行っている著者に贈られる賞です。プロ・アマ、ジャンル問わず、幅広くご参加いただけます。

PODとECの融合によるイノベーションは、従来の出版では不可能だった“個人による紙書籍の出版”を可能にしました。インプレスR&Dでは、このイノベーションを活用した「ネクパブ・オーサーズプレス(旧称:著者向けPOD出版サービス)」を、2016年10月より開始し、既存の出版ビジネスでは生まれにくい専門性の高い知識や、個々の感性を活かした新しい著者、出版物が続々と生まれています。

昨年度実施した「ネクパブPODアワード2021」では、185名のエントリ-があり、個人に眠る可能性や埋もれたコンテンツに光を当てることができました。グランプリには、出版は初体験、パソコンもほとんど使えないという段階から、初めて手にした自分のパソコンとスマホで高いクオリティの本を作り上げた方が選定されました。

本年度はネクパブ・オーサーズプレスの紙書籍(POD)のAmazon.co.jpでの累計出版点数が5,000冊を突破、累計販売額は5億円を突破するなど、この新しい出版方法はさらなる期待を受けて進化中です。今回の「ネクパブPODアワード2022」でも、出版の原点である著者、そしてユニークな知の流通を応援します。

なお、本イベントは株式会社メディアドゥが協賛しております。先頃の発表のとおり、親会社の株式会社インプレスホールディングスとメディアドゥは、POD書籍出版市場の拡大を目的とした業務提携について協議・検討を開始しております。

オススメ