ryo(supercell)MECREでの楽曲制作決定!楽曲の原作をmonogatary.com主催「モノコン2021」で募集開始!〜9/21締切!

オーディション

募集イラスト

ryo(supercell)が2021年7月20日に小説投稿プラットフォーム“monogatary.com”の年に一度の祭典「モノコン2021」に参加することが明らかになった。「その物語を、読む人の元へ。」をテーマに「モノコン2021」では、「物語部門」「モノカキ部門」「チーム戦部門」の3つのステージにてそれぞれに「お題」を設け、その「お題」に投稿された作品の中から優秀な作品を、各「賞」それぞれの形式で作品化するというものだ。

そんな「物語部門」でryo(supercell)が作品を募集するというのだ。イラストレーターやデザイナーが集ったクリエイター集団“supercell“のコンポーザーとして、新しいクリエイティブを生む出すために「モノコン2021」へ参加する。そしてそのお題もryo(supercell)らしいものになっている。通常テキストベースでお題を掲示する募集に対して、ryo(supercell)の募集は1枚のイラストのみ。そのイラストから自由に発想し物語を創造してもらうという。イラストは、MECREのキービジュアルを描いているLOWRISEが担当した。あえて明度を落とし、イメージを膨らませるような募集イラストになっている。

そして、「モノコン2021「ryo(supercell)×MECRE賞」」で入賞した作品は、ryo(supercell)の楽曲制作の原作とされ、完成した楽曲は今後MECREでボーカル募集をし、リリースをする事が決定している。「モノコン2021」募集期間は応募期間 2021年7月20日〜2021年9月21日14:59の約2か月間。是非「モノコン2021」「MECRE」をチェックしてほしい。

ryo(supercell)が2年ぶりにTwitterを稼働した内容がまさにこの企画だ。これからの動きに目が離せない。

オススメ