アミューズによる新人アーティストの才能最大化プロジェクト「DIプロジェクト」を発表!デジタル時代の新たな才能を公募しサポート!

オーディション

アミューズ

総合エンターテインメント事業を展開するアミューズが、新人開発・育成の新たな企画「DIプロジェクト」を発表した。すでに、プロジェクト参加アーティストの活動はスタートしているが、さらに多くの才能と出会うべく、このたびアーティストの公募を開始する。

「DIプロジェクト」の“DI”とは、“Development and Improvement”の略称で、音楽、俳優、声優、アイドル、作家など、多分野に渡る優秀な新人獲得・育成のための機能を備えたプロジェクト。専属契約を結んでいない新人アーティストにアミューズのリソースの一部を無償提供し、活動をサポートするとともに、自社の新たな才能の獲得につなげる。

本プロジェクトのパートナーシップ期間は、アミューズでマネージャーとして実績を積んできたスタッフが、アーティストの才能開花・バリューアップの速度を上げるためのパートナーとなり、将来的なマネージメント契約を目指す。

既にスタートしている音楽部門においては、サブスクリプションサービスはじめとした、デジタル配信が主流となった昨今の音楽マーケットで活躍できる、新たな才能の発掘、最大化を目的に、楽曲配信、出版管理、SNSなどのデジタル領域でのサポート、参加アーティストのブランディング・活動のプランニングサポートなどを無償で行なう。

ソロアーティスト、ソロシンガー、ユニット、バンド、作曲家・作詞家、歌い手、ボカロPなど、アーティストのスタイルを問わずプロジェクトに参加でき、参加アーティストは、インディペンデントな活動を維持しながらも、専門的なスタッフからのサポートを受けることができるため、アーティスト活動をより広がりを持って行うことが可能となる。

今後、音楽以外の部門においても、アミューズのリソースの中から、分野ごと・アーティストごとに適切にカスタマイズされたサポートを提供していく。

第1弾アーティストとしては、楽曲制作はもちろんアートワークからミュージックビデオの撮影・編集までありとあらゆるものを全て3人のみで手掛ける、カメレオン・ライム・ウーピーパイが参加。現在、今後ますますの躍進が期待されるアーティストをピックアップするSpotify「RADAR:Early Noise 2021」に選出されている。

そして、まだ経験は浅いながらも、ソングライティング能力とライブパフォーマンスが話題となり、若手ロックシーンの中で未完の大器として注目を集めている新進気鋭のロックバンドLym(リーム)の参加も決定している。

関連タグ

オススメ