LDHが九州に特化したプロジェクト「THE NINE WOLRDS」新たなオーディションスタイルを提示!EXILE TAKAHIROからメッセージも!

オーディション

2006年、約1万人の応募者の中からEXILE TAKAHIROを輩出した“VOCAL BATTLE AUDITION”以降、三代目 J SOUL BROTHERSの今市隆二や登坂広臣、GENERATIONS、E-girls、THE RAMPAGE、FANTASTICSなど数多くのアーティスト誕生させてきたLDH。LDH史上、最大規模のオーディションが開催される中、新たなスタイルを提示した。

九州出身のEXILE / EXILE THE SECONDの黒木啓司が2016年、九州を軸に全国、アジアに向けてエンタテインメントを発信するため立ち上げたプロジェクト「THE NINE WORLDS」が、九州から新たなエンタテインメントを発信すべく、黒木とKBC九州朝日放送がタッグを組み、新たな才能を発掘する「九州スター発掘オーディション」を開催。

今回の企画を考案した黒木啓司は「“生まれ育った九州へ恩返しがしたい”という想いをずっと持っていました。THE NINE WORLDSを立ち上げて以降、月の半分くらいを九州で過ごす生活をしていますが、九州には才能豊かな人材が多く、国内外を問わず九州出身の人たちがさまざまな業界で活躍していることを改めて実感しています。そんな中で、九州だけで成立する新しいエンタテインメントを生み出したいと思うようになりました。九州限定で九州を軸に活動をするなど、今までLDHが開催してきたオーディションのなかでは異例だと思いますが、九州は人材の宝庫ですし、一人でも多くの人材を発掘したいです」と語る。

また、この黒木の企画に賛同したEXILE TAKAHIROからメッセージも到着!

THE NINE WORLDSオフィシャルサイト内にて、黒木啓司、EXILE TAKAHIROなどのコメント動画を公開中。

関連タグ

オススメ